すすむ’s  blog


「日々の出来事」と「猫」と「時々、独り言葉」 ~ daily event & cat & soliloquy ~

知命

2017-04-18 03:49:37 | Tweet

 

________________ φ (。。)

 

恥ずかしくも、長々と生きてきたものだ。

 

人に嫌われ、恨まれ、憎まれ、否、相手にすらされず、
しかし、そんな事に微塵も気付かぬまま。

 


「天命を知る」!? 


んな事、知るもんか。
隣人の気持ちすら判らないのに、んな事、知るもんか。


そもそも、「天命」なんて、有るのやら‥?
こんなにも人だらけの世の中、天も与えそびれる事も有ろう。

 


「人間五十年、下天の内に比ぶれば‥」、


儚き時を、儚く過ごし、愚かにも儚く生きて行く、
おそらく、墓無く朽ちて行く。


まぁ、これが天命なのかも知れない。
それも、良かろう。

 


思えば、惑い喘ぎ、苦しんだあげくの不惑。
「惑う」事すらなく、鬱々と休職の不惑。


復職での悟りは「頑張らない」だった。

所詮、社員は「捨て駒」。
どれほど頑張っても、使えなくなったら捨てられる。

そう、書けなくなったボールペンと一緒なんよ。


だから復職後は、隠居爺ぃと決めた。
歳も、見た目も関係ない、あたしは隠居、それで良い。


恥も外聞も無く、おめおめと復職、腹の内に秘めるのは
社会復帰への感謝の意か、それとも報復の牙か‥。

 


今、また、報われぬ無理をし、自滅への無茶を繰り返す日々。

直接的に、強いられてはいない。
だが、せざるを得ない状況にするのは、強いているのと同じ。
否、もっとタチが悪い  。

 


「五十にして天命を知る」

  所詮、周りの都合良く、こき使われるのが、
  天からの使命なのだろうか。

 

 

「人間五十年、下天の内に比ぶれば‥」

  辛く苦しかった、この儚き時、
  せめてこれからのひと時には、安らぎを‥。

 

 

 

 祝うでも 祝われるでもなく桜    

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月15日(土)のつぶやき | TOP | 4月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。