シュガーズキッチン

大分市内で料理教室を開いている、シュガーズの普段の食事&おやつ・・

デロンギ×エルアターブル “究極のコンベクションオーブン”クッキングイベント

2016-10-01 05:38:49 | ランチ&外食
木曜日から1泊で上京してきました。
おしゃれ家電デロンギのコンベクションオーブン“スフォルナトゥット”のセミナーを受けるためです。

こちらのコンベクションオーブン、、白いボディに黒いガラス、赤いつまみ。
いかにも、イタリアンデザインのスタイリッシュなおしゃれ家電。
でもおしゃれだけじゃないんです。
その機能、使い勝手もトップクラス♪


このセミナーの講師は渡辺麻紀先生。
改めて本棚みると、数冊先生の本持ってました。
よくレシピ本を買う時に、先生の名前で買うよりも、内容や作り方、自分の好みなど吟味して買うのですが、渡辺麻紀先生の本を結構な数持ってるということは、きっと先生のレシピが私好みのものが多いってことなのかな。
その尊敬すべき先生のセミナーなら、受けずにはいられない!と張り切って朝一の飛行機で上京したのです。。。





ひと品目は”豚肉のダイナマイトプレート”
豚肩ロース肉の大きな塊を豪快に丸焼きします。
同時にお野菜を焼くのですが、デロンギならではのプレートの使い方ができます。
深型プレートに野菜を載せ、付属のオイルプレートを重ねてのせ、そこには豚肩ロース。
このオイルプレートがいい仕事をしてくれるのです。
穴が開いてでこぼこのあるオイルプレート。
他者メーカーにはないプレートなのでは!?


焼き上がりはこんな感じ。お肉がカリッとジューシーに仕上がってるのがわかるかなああ。
パソコン画面から匂いが出ないのが残念です(笑)


味付けは塩コショウだけで実にシンプル。
でも、これだけお肉がジューシーに香ばしく焼きあがったら、他のソースは何もいらない。
お肉のおいしさをグンと引き立ててくれてます。

このコンベクションオーブンで、前回参加した、アメリカンビーフを焼いたら、ローストビーフがさらにおいしくなるのかなああ、と妄想。
アカミニストセミナー(アメリカンビーフ)の記事はこちら→☆

スイーツのデモはパブロヴァ。
パブロヴァのメレンゲの立て方のコツが、他のメレンゲのやり方と違って面白い。
めっちゃメモとってました、私(笑)。
真っ白な、しっかりとしたメレンゲを天板に乗せ、わざと大きな凸凹をつけてコンベクションオーブンで焼き上げると・・・・

こんなにこんがりと♡
熱と空気が庫内を対流する仕組みが、じっくり熱を通した後で表面をカリッと焼き上げるので、中はしっとりふわふわ、外はカリッと香ばしく・・というパブロヴァスイーツのいいとこを間違いなく実現してくれるのです。

フルーツをのせたらこんな感じ。

イチジク、ブドウ、ザクロ・・季節のフルーツをのせて、生クリームとヨーグルトを合わせたものとブルーベリージャム。
メレンゲを作るときの砂糖の量が半端なく多いので、食べるのを一瞬躊躇してしまうのですが、そんなことは問題ナッシング。
一口食べたら、あっという間に完食。

11月の料理教室のレッスンに、このコンベクションオーブンを使ったメニューを取り入れますね。
試作するのが楽しみだ(笑)

FBやインスタでいいね!を押してくださった方には、デロンギ公式オンラインショップで使える割引クーポンコードをお知らせします。
クーポンコードをゲットしたい方はお知らせくださいね。
教室に参加してくださった方にもお得な価格で買える割り引きクーポンコードがあるので、教室の時にお話ししますねv^^v


料理教室の問い合わせ、申し込みは090-6429-8968もしくはメールsssince1995@mail.goo.ne.jpにお願いします。

今日から10月メニュー・・
今月の空きは・・・

 3,4、6、7、20、25、日に2名。
11、28日3名です。

今月のメニュー教室の様子は、夕方にでもアップします。




『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリームチーズとブルーポピ... | トップ | 料理教室 10月  空き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む