スペース&サイエンス

宇宙・科学・超常現象の研究

旅する太陽系27(西暦の話し)

2008-01-13 20:30:15 | 旅する太陽系
旅する太陽系27
 【西暦の話し】
 紀元前を「B.C.」英語でビフォア・クライストと言い、キリスト以前を意味する。
 紀元後は「A.D.」ギリシャ語でアノ・ドミニと云い、我らの主の年と言うが、実際には、7年程後にずれている事が最近になって分かった。
 AD2008年は、イエス・キリストが誕生して2015年目に当たることになる。
 当時の権力者が、ギリシャ人の部下に調査させ、イエス・キリストの誕生年を西暦元年と定めたのであるが、当時の資料の収集納力と情報量の乏しさが、7年の誤差を生んだ原因になったのではないかと、私は見ている。

 【参考文献】
 紀元元年と言われるようになったのは、6世紀の僧侶ディオニシウス・エクシクスが誤り計算違いをして、そのまま信用されていたからである。イエス・キリストの誕生時期に1つの明るい天体が輝いていた事実がある。ヘロデ王の在位は紀元前40~紀元前4年で、ヘロデ王の時代(人口調査紀元前6~7年頃)にイエス・キリストが誕生した。天文学的に木星と土星の相合が発生し、1つの非常に明るい天体に見えた。それが何年か置きに発生することから、当時の話しに符号している。天文学者ケプラーが1603年発見している。当時、紀元前7年5月29日に1つの明るい天体に見えた。この事から、イエス・キリストの誕生が紀元前7年と推測することが出来るのです。

 「イエス・キリスト」 発行所:(株)三一書房 著者:土井正興 引用

 尚、紀元0年は存在しない。しかし、紀元前と紀元後の間に0年が存在すると思い込んでいる方や知らない間に1年多くして計算してしまう方もいる。そのため多くの学者の記した歴史文献に、この0年を誤計算し、まとめられたものがちらほら見受けられる。
 キリスト誕生を紀元前6年と強く主張する学者がいたとしましょう。彼は実は紀元前7年を主張しているのに等しいのです。

 添付画像は、木星と土星の「衝」を現したもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加