庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

規制緩和は企業の自由度を上げ、貧困対策を放置する。

2017-07-15 | 経済問題

規制緩和が経済成長を貢献すると主張する論者が、車の両輪である「貧困対策を放置」する理由は、見返りがないからであろう。

大企業の自由度が増えることが、企業経営者は大歓迎で、利益の増大に結びつく可能性が大きい。

しかし、貧困対策では、企業メリットが見えずに、「最低賃金の引上げは人件費増大」で、企業利益を減少させる懸念が大きい。

だから、経済界の代表たちは、規制緩和ばかりを要求して、「最低賃金の引上げには反対する。」

そもそも、民間企業は国民生活の向上を目的にして、営利活動を認可されているのだから、低所所得者層の収入を引き上げることに、反対するのは、企業エゴの表れである。

社会的に必要性がある「最低賃金」を引上げるのは、企業経営者の義務でもあるのに自分の給料だけを上げるようでは、資格が無い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低賃金の継続的な引き上げ... | トップ | 格差の縮小を言い出すのが遅... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。