庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

安倍晋三の傀儡政権は国際金融資本家から放棄される。

2017-07-11 | 国創り政治問題

安倍政権の身内贔屓は、ここに至っては疑いようのない「ミビイキミクスに堕落」したことが明確になった。

マネー緩和による「見かけの経済成長は頭打ち」になって、本来の狙いのイノベーションの芽は一向にみえてこない。

技術革新を引き起こした経験も無い「経済官僚が成長戦略を立案」しても、民間企業は安倍政権の中途半端な成長志向を疑い、規制緩和は、身内のための案件が優遇されるだけと見限る。

これで公平性が保てると思う方がおかしい上に、政権と官僚の意向ばかりが横行するようでは、革新と経済成長は起きるわけも無い。

国民の支持率も下落したのをキッカケに、国際金融資本家たちも、安倍政権を放棄して、つぎに国民の信頼を得られそうな、政権のリーダーを選択する段階にはいるだろう。

反対だけしかできない万年野党は、添え物程度に役割しかできないから、自民党内から政権争いで、選択される段階に入る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 既得権益の代理人が、お友達... | トップ | 資本家は格差の拡大など意に... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。