庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

安倍首相の言葉だけの核兵器廃絶は見苦しい。

2017-08-09 | 核エネルギー・原子力問題

「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、各兵器国と非核兵器国の双方の参画が必要」として、双方に働きかけていく。」

これが世界唯一の被爆国で、「非核三原則を堅持」して「平和憲法を守ってきた国の指導者の演説である。

しかし、その大義名分の美辞麗句の陰に逃げてしまい、今回の「核兵器禁止条約」の交渉会議への参加も拒否した。

それでは、「橋渡し役を果たして国際社会を主導していく」と、挨拶で述べているが、具体的な行動や目標には、一切触れなかった。

これで、日本の国民を代表する首相の責務が果たされるとは、誰も信用しないだろう。

アメリカの核兵器の傘の庇護に依存して、真の国際平和と日本の安全を構築していく努力を怠って、式典だけのかっこつけに終始する。

困難見苦しいリーダーを日本国民が信頼するわけが無い。

まずは、核兵器の恐怖の抑止論を、転換することから始めるべきだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党の路線は増税による再... | トップ | ついに核兵器抑止力による脅... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

核エネルギー・原子力問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。