庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

アメリカの武力威嚇戦略は伝統的な保安官感覚。

2017-05-02 | 国創り政治問題

アメリカのブッシュ大統領時代には、イラクの大量破壊兵器の保有疑惑を浮き上がらせて、一方的な軍事力でフセイン政権を破壊した。

今回のシリア政権の【化学兵器使用疑惑】では、証拠の提示もしないで、即刻の軍事攻撃で航空基地を破壊した。

そして、その実行力を見せつけながら、「北朝鮮の核兵器開発」の中止を強いる武力威嚇に乗り出した。

このような行動は、日本の武士道意識には、全く相いれないのだが、日米安保体制の核の傘の下では、アメリカのいいなりになるしかない。

正義の味方(アメリカの白人、エリート層)の要求をバックに、とにかく保安官の役を得意顏で演じるようだ。

その手下はなるとは・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国内政策が低迷すると国外で... | トップ | 憲法改定に教育無償化を言い... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国創り政治問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。