庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

既得権益の代理人が、お友達の便宜に堕落する時。

2017-07-10 | 国創り政治問題

日本の経済界を活性化して、資本収益率を高めることが、政権交代した「安倍晋三内閣」の最大の使命であった。

政権交代後の施政方針では、「あらゆる政治資源を投入して一にも二にも三にも経済でやり抜く」と、宣言していた。

日銀の超金融緩和政策による「円安誘導と株高の成果」は、既得権層の大企業や富裕層を潤したので、日本だけでなく世界の富裕層からも評判が良かった。

しかし、日本国民への還元が全くうまく行われずに、消費税増税を実施したので、経済成長は完全に失速した。

本来は、超金融緩和によって、企業の懐が豊かになれば、新規の投資が活発化するはずであったが「安倍内閣は信用されなかった」。

仕方なく、お友達を優遇する規制緩和などによる熱を入れたが、こんなことで、経済が活性化するはずはない。

国民からは、信用できない内閣として、見放されかかっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際金融資本家は傀儡政権の... | トップ | 安倍晋三の傀儡政権は国際金... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。