庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

最低賃金の継続的な引き上げが格差拡大を防止する。

2017-07-15 | 経済問題

先進国での経済成長を阻んでいる原因に、格差の拡大が止まらずに低所得者層が貧困化して需要不足の落ち込んでいく要因がある。

安倍内閣の閣僚である岸田氏が、経済成長を計りながらも格差の拡大が進まない政策を打ち出す、と言明している。

以前の小泉内閣では、経済政策の司令塔を担った「元経済財政政策担当大臣」の竹中平蔵氏は、構造改革と貧困対策は車の両輪だと言う。

本人は、小泉内閣での規制緩和が、格差の拡大を増進したとの批判に、事実は小泉内閣の以前の1980年代から高まっていると指摘する。

規制改革によって、経済が良くなって失業者が減ったので、格差拡大の指標の【ジニ係数】は、上昇が減速している、と反論する。

今の段階になって、実は貧困対策をやりたかったから、2006年に仕事引き継ぐ時に、後任に「本格的な貧困調査」を依頼した、と言う、

しかし未だに自民党政権では調査もしないで、安倍政権の3年目になってから、やっと最低賃金の引上げに取組み実績を生み出した。

民主党政権時代は、政権公約にあっても、何もしなかったから、その実績の違いがが、政党支持率の差の原因になっているのだろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格差の拡大をしない経済成長... | トップ | 規制緩和は企業の自由度を上... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済問題」カテゴリの最新記事