庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

既得権益を守る守旧派と批判だけのツイート派の迷走。

2017-06-30 | 経済問題

現在の世界での大きな元凶は、国際金融資本家のいいなりで「既得権益を最優先」する政策に固執している政治家たちである。

1980年ころから、技術革新の停滞が始まって、国際的にお金の流れを自由化することで「資本家の利益を優先する」傾向が強まった。

お金の移動の自由化と貿易自由化の流れで、製造拠点の海外移転が加速して、世界的に人件費の低下が潮流となり、格差が拡大した。

新自由主義経済の理論は、お金の最適な投資先を自由競争によって、効率化すれば、世界の経済成長は増強されると主張してきた。

しかし実際には、世界中を巻き込んだマネーゲームの加速だけで、イノベーションへの投資は起きず、人件費ダウン依存になっている。

これを批判する勢力が生まれても、粗探し的な批判ばかりをして、経済を活性化するイノベーションの役には立たない空論に終始している。

金融業界を批判して大統領になったトランプ氏も、ツイッターでの不満ばかりで、具体的な政策の実行は全くできずに迷走ばかりだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融資本主義は低賃金労働者... | トップ | お金とモノの自由化は先進国... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。