庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

6年前の当事者でなかった政治家は国民の対する責任感不足。

2017-03-11 | 核エネルギー・原子力問題

2011年3月11日は日本にとって忘れることのない、決定的な国難の日であった。

しかし、日本の政治家や大企業経営者の中には、自分のやっていることが「原発大事故の教訓」を完全に踏まえているとは言えない。

特に電力会社の幹部たちは、東京電力が引き起こした判断の誤りを、表面的には反省している素振りをしながら、自分のところは大丈夫とニゲル態度に終始する。

当時の政権を担当していた「民主党の政治家」たちは、政権公約のない原発の促進を進める政策に埋没していたので、責任逃れができないが、影に引っ込んでいて、安倍政権の責任逃れに加担する始末である。

 

政権を担当して「原子力発電の促進」を政治家の責任で進めた「小泉純一郎元首相」だけは、明確に原発促進を大きな誤りであった、と謝罪している。

原子力の専門家と電力会社、経済産業省の原発官僚に騙されたのが、事実である。

そのように本当のことを認めて、反省の上に立って「明確に脱原発」を、残りの余生をかける覚悟を表明した政治家は希少である。

民主党の政治家(今はもう民進党の名称に変えて責任を回避する)は、日本の将来を明確に描くこともせずに、その日暮らしの腑抜けの野党に安住している。

多数派を占めた「自民党の政治家」たちは、とにかく原発の問題からできるだけ遠ざかることばかりで、ニゲルことしか頭にはない。

 

そんなに関与したくないほど安心できない発電分野ならば、国民の要望に沿った、『原発から離脱をできる方策』を提案することが、責任ある立場である。

全ての政治家が逃げたがっている「原子力発電の再稼動問題」に、どうして進んでしまうのか、この原因は基本的な安倍内閣の曖昧姿勢に由来している。

安倍晋三という政治家は、はじめは勇ましい限りの進軍ラッパを吹きならすが、途中から不都合な状態が起きてくると、別のことに議論を引き起こして、国民の目をそらせることで、事態を曖昧にして引っ込めてしまう。

アベノミクスの超金融緩和政策の効果が評価が低下すると、デフレ脱却は曖昧にして、表舞台の論議を「一億層活躍社会」のスローガンにすり替えてしまった。

 

アベノミクスの初期の効果が、株価相場の高騰に偏ることで、富裕層と大企業が潤っている状況を、「安倍政権の成果だと吹聴」したのである。

その勢いがオトロエルと、今度は日銀と年金基金が株価を押し上げる、政府の介入で支えることに、いつの間にかすり替えてしまった。

中身の伴わない株価高であるから、企業経営者は、おいそれとは賃金引き上げには踏み切れない。

安倍政権の鳴り物入りの『官製春闘』の賃上げ促進は、すでに息切れを起こして、「デフレ脱却」は、またまた遠のくばかりである。

経済も原発政策も、安倍政権の逃げ姿勢によって、大企業が全ての中途半端な経営をせざる得なくなっていることが、日本全体の不安感を高めているのだ。(続)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座礁資産の後始末に明け暮れ... | トップ | NHK放送の「原発メルトダウン... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。