庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

ついに核兵器抑止力による脅しの均衡維持のツケ。

2017-08-10 | 核エネルギー・原子力問題

北朝鮮の核武装による抑止力によって、政権維持を最優先する国策を実現できる体制に入った。

いかなる経済制裁にも挫けないで、いよいよ核武装による国の維持とういう大目標を目前にした北朝鮮国民は、湧き上がる達成感に浸る。

トランプ大統領が、アメリカの核武装の攻撃量は世界最大で、今でも最強のレベルを維持している、と脅しても、ひるむことは一切ない。

アメリカ軍の基地があるグアム島に、4発のミミサイルを発射して、強がりだけでない攻撃力に自信をつければ、核兵器による侵略の抑止力戦略としては、成立する。

かっては、米ソの超大国の国策は、お互いに一発でも核兵器を実戦に使えば、双方が大被害を被ることは明らかで、核攻撃を思いとどまる。

しかし、片方が弱小国の保有では、窮鼠猫を噛むの例え通りに、核兵器の使用を思いとどまる理屈は成り立たない。

核兵器の脅威による抑止論は破綻に近づいてる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相の言葉だけの核兵器... | トップ | 核兵器による恐怖の均衡論は... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

核エネルギー・原子力問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。