庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

米国も英国も金融資本家が潤うだけで国民は貧困に。

2017-06-17 | 経済問題

国際的に資本を移動して「投下資本利益率」の有利な国を探している「金融資本家の狙いは人件費の削減」である。

先進国での生産では、人件費が高いレベルになると、輸出競争力が弱体化し、それを補うには、「海外に生産を移転」する。

しかし、新興国では政情不安などのリスクが大きいので、出来るだけ、先進国での人件費の安い労働者を必要としている。

その要求に応えるかのように、アメリカでは「メキシコからの不法入国者」が、膨大に増え続けてきた。

メキシコ政府の歓迎し、アメリカ国内の低所得労働者を必要とする綺語経営者からは、喜ばれている。

欧州では、EU圏内の加盟してきた「東欧諸国の低賃金労働者」が、こちらは合法的な移民として、低賃金で喜んでいる移動してきた。

当然のように、今までの労働者葉、低賃金の引き下げられて、生活は貧乏にならざるを得ない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は長時間残業を規制して... | トップ | 金融資本主義が遅れている国... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。