庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

経済再生に向けての方針が迷走したままの安部政権。

2017-04-21 | 経済問題

安部政権は日本の「経済再生が最も重要な政策課題」で、経済成長政策を戦略的に実施すると宣言してきた。

しかし、「アベノミクス第3の矢」と豪語してきた経済再生が、方向がぐらついて迷走し始めているのに、その見直しもせずに、惰性で政権運営をしている。

円安誘導により一時的な輸出増加の恩恵はあったが、長期的な課題の次世代産業育成は、成果を挙げ始めたとは言い難い。

特にエネルギー産業の分野では、鳴り物入りで進めてきた「原発の輸出」の案件は、東芝の不祥事とウエスチングハウス社の大赤字の倒産で、完全に破綻した。

 

国内での【原発の新規建設】は、2011年3月の大事故発生時点で、早期に中断すべきであるのに、宙ぶらりんの状態に投げ出したままである。

また、温暖化対策に逆行する「石炭火力発電所の新規建設」の方針を掲げて、「石炭業界と発電業界におもねっている」体たらくぶりであった。

ここにきて、世界の情勢は昨年の「パリ協定の発効」のよって、石炭火力発電所の閉鎖の動きが、当然の流れに転換してきた。

途上国では、石炭火力発電依存は、しばらくは継続するにしても、先進国こそは「脱石炭火力」の方向に転換している。

 

イギリスでは2025年までに、現在12箇所の石炭火力発電所を全面閉鎖すると発表して、一部は「バイオマス発電所に改造」する検討を進めている。

フランスでは、炭酸ガスの回収装置(CCS)をつけない「石炭火力発電所」の輸出支援を停止すると公表した。

ドイツでは、【褐炭使用の石炭火力発電所】を、5箇所の操業停止とし、石炭への依存度を低下させる方針と発表した。

日本だけは、安部政権の旧産業保護政策優先主義で、旧時代の技術のままの「石炭火力発電所の新規建設」を経済成長戦略の、重要な位置ずけにしたままである。

こんな状態では、政府がいくら新規建設を言い出してハッパをかけても、関係する民間企業の意欲が活性化するはずがないのだ。

 

世界の将来の潮流に乗っていかない民間企業は、いつかは座礁資産を抱えることになって、東芝のように経営が大きく傾く原因にもなる。

予想されたことだが、ここに来て「民間企業の方針転換」の動きが始まっている。

今年1月には、兵庫県赤穂市の関西電力の火力発電所を、石炭に切り替える計画が中止に追い込まれた。

さらに3月には、千葉県市原市における石炭火力発電所新設計画が中止された。

4月には大阪市の相生発電所の燃料を石炭に転換する計画をやめて、バイオマス発電事業に変更する事業を公表した。

この様に、日本政府が進めようとしている旧時代産業擁護の政策は、民間企業ではもう愛想をつかされて、エネルギー政策は迷走する無残な状況である。(続)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は軍事力の威嚇争いには... | トップ | トランプ政権の実現できる事... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。