庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

増税の不信感から政権を追われた民進党の出直しは。

2017-05-19 | 国創り政治問題

次期の衆議院選挙に向けて民進党の政権公約の土台となる「目指す社会像」を、遅まきながらやっとまとめた。

「格差を放置し、社会の分断をまねいた自己責任型社会を見直す。」として、安倍政権の大企業と富裕層を豊かにする経済政策を批判した。

それよりも、「あらゆる生活者を不安から解き放つ」政策を優先して、「セーフティネットの拡充」で安心感を確保することで消費を刺激する経済戦略を打ち出す。

秋までには、「財源を含めた個別政策を打ち出す」目標だと言うが、前回の民主党政権時代には、財源を生み出す実績が出せなかった。

政権公約違反の「消費税増税」を打ち出すような、国民の不安を増大させる政策しか出来ない民主党の流れでは、国民の不安は解消しない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二番手しかできない体質の野... | トップ | 民主党政権は最低賃金の引き... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。