庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

トランプ政権の国内政策は、雇用創出最優先のはずだ。

2017-05-16 | 経済問題

アメリカの大統領選挙で勝利したトランプ氏の公約は、製造業をアメリカ国内に取り戻して、寂れた製造業を復活させる狙いだ。

ところが、就任後の100日以上が経過しても、その入り口すら、始まっていないのは、トランプ政権には製造業の経験者がいないのだ。

政権の幹部連中には、ウヲール街の経験者は、ゾロゾロといるが、製造業で成功した経営者の顔は見当たらない。

マネーゲームの経験者が、製造業を復活させる政策を生み出せると思っていたら、トランプ大統領の大きな誤りである。

結局、軍事的な緊張を高めて、国防費の大幅増額を図って、その分野の業界だけは潤う筈だが、波及効果は高が知れている。

借金財政のママに、公共工事の大判亜振る舞いで、雇用創出を図るしかない。

これは安倍政権の真似だから、日本は先端を走っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核の傘は抑止力ではなく核攻... | トップ | 徹底的に軽視されている野党... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。