庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

世界経済は金融資本家の資産を増やすことが主眼。

2017-06-19 | 経済問題

今までの世界の経済成長は、投下資本に対する利益率の大きな国や企業に投資をすることが、潮流となってきた。

投資金額に対する見返りが大きいことが、「富裕層の資本家の最大の関心で、貧富の格差の拡大などは、当座の不満をごまかせばよい。

社会福祉政策をその都度、不満の声が大きい部分だけを、取り繕っておいて、新自由主義経済の成果を宣伝しておけば、反動的な政治

勢力を分断させて、経済成長の目標数値を宣伝しておけば良い。

名目の経済成長率の数値で、国民の大多数の不満をそらすことは、「マスメディア」の主力を抑えることで、今までも簡単にできたのだ。

アメリカのトランプ大統領のような、幼稚なレベルの政治家は、そのうちに信頼を失墜して、何もできなくなるだろう。

国際金融資本家は、今まで通りに、自由貿易と移民の自由化を確保できるから、「世界経済はまだ成長できる」と思わせるのだ。

こうして、国際金融資本家の天下は、まだ当分続くだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融資本主義が遅れている国... | トップ | 経済成長とは需要が伸びるこ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。