庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

自国第一優先は中間層の創出と育成が基本的な方向だ。

2017-06-13 | 国創り政治問題

アメリカは世界をリードしてきた経済大国だが、1980年代以後の貿易自由化の流れに沿って、各国の市場をこじ開けてきた。

その結果は、アメリカの製造業のアウトソーシングが急速に進んで、アメリカ国内の雇用機会が減少する流れになった。

この時期から、アメリカ経済の根幹を支えていた「中産階級」と、「高収入安定の大企業労働者」は、減少する一方となった。

自国の経済を安定的に発展させるには、豊かな生活を求める「堅実な中産階級が不可欠」であるとされるが、アメリカはこれを無視した。

その代わりに、一部のエリート層が潤う「金融業」や「IT産業」を、盛んに奨励する経済政策を取ったので、全体的な経済は成長したが、新規の雇用は、低賃金のサービス業しか生まれなかった。

これが、アメリカ経済の分断の始まりであったことは、明確である。

今から自国第一優先で、中間層が育成可能か、大きな疑問である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ政権は再生可能エネ... | トップ | 自国の雇用を生み出せないな... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。