庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

豊洲市場問題は東京都のブラックボックスの一部だが・・? 

2016-11-04 | 環境問題

東京都の「豊洲市場建設方針に反したモニタリング空間」の設置を決めた部課長会議は、正当な議論の上で方針を転換した。

これを暴論だと考える読者は、次の事態を想定して考えてみて欲しい。

埋め立て地に建設した地域に、一定規模以上の地震が発生して、地下土壌の流動化が起きて「地上に地下土壌が噴出した場合」を想定する。

その場合は、地下土壌が取り除かれた「汚染物質は出てこない」が、【その下の地層に染み込んだ土壌】からは、当然のように地上に汚染物質の一部がでてくる。

噴出量は少ないが、環境基準を超える「汚染物質が地上に出てきた場合」は、どうすればよいか、その答えは、「地下にモニタリング空間を作っておけば」よい。

 

豊洲市場の建物の地下には、各種の配管が必要で、その地下空間に噴出した汚染物質ならば、直接に市場建物には侵入しないから、早期の汚染物質を除去する。

その作業のためには、除去する機械が活動できる地下空間を作るのが、「予防安全の考え方からも適切」と言える。

つまり、東京都の豊洲市場建設の部課長会議では、まともな技術者の議論が通じていたのである。

盛り土をしておけば、地下の汚染物質が噴出する量は、多少は減らせるだろうが、完全に遮断することは不可能だろう。

この正当な説明と提案が、東京都では上層部には通用しないのかもしれない。

 

今回の東京都の公表では、この「部課長会議が独断専行」で、上層部が決めた「盛り土方式」の判断をくつがえしてしまった、【組織ルール離反】をしている。

同じ建物の中にいる上司に、このような議論を経緯も伝えずに、独断専行で方針転換をすることは、通常の感覚ではありえない。

これからは、想像の範囲になるが、方針変更の件は市場長や都知事にも、情報をあげていたのが事実であろう。

しかし、東京都議会と築地市場関係者には、すでに「盛り土方式にして建設すれば汚染物質は完全に防げる」と、説明してきた経緯がある。

つまり、「盛り土方式は絶対に安全だから専門家に任せよう」との論法である。

 

この段階で、「大地震の時には地下から汚染物質が噴出する恐れがあるから、その時のために作業空間を作っておく」といいだすのは、責任者として躊躇する。

そこで、東京都の責任者は、地下空間の存在を公表せずに、「配管等のメンテナンス用の空間があることだけにして、万一の汚染物質除去することは言わない。

いや、言わないとすると後で、問題とされるかもしれないから「知らなかったことにするのが無難」であると判断した。

この考え方を当時の東京都知事には報告して、了承を取っていたと想定できる。

こうして、各部門の利害が一致して、地下空間の存在には触れないことが、暗黙の了解事項になったのだろう。

それが、ブラックボックス改革で噴出したのだ。(続)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 設計方針の変更が独断的に実... | トップ | 東京都の上層部には食品の安... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

環境問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。