庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

自民党政権は一億総活躍社会の産業育成をなりゆき任せ。

2017-07-29 | 経済問題

安倍政権の発足時に、「経済再生が第一」と謳い、超金融緩和による「潤沢な投資」を誘引するとしたが、空振りに終始している。

アベノミクスの掛け声が消費期限を過ぎてからは、今度は、「女性が輝く社会」として、働き方改革を実行するとした。

しかし、保育園不足や、女性の賃金格差などで、働く女性の待遇がいかに劣悪であるかが、浮き彫りになるだけだ。

すると「同一労働同一賃金」の大目標を掲げることで、民主党政権の看板を横取りして、所得格差の是正に取り組み始めた。

ところが肝心の将来を担う、「安定した雇用を確保できる産業政策」は、一向に具体化できずに、4年半も経つのに、成り行き任せである。

技術開発や、高付加価値の研究の最前線を知らない官僚と、不勉強の政治家ばかりでは、国民が将来の安心社会を期待できないままだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党の政治家は最大の危機... | トップ | 自民党政権に交代を迫る責任... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。