庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

経済発展の証は物価上昇率以上の賃金引上げが実現すること。

2017-03-15 | 経済問題

安倍政権が「デフレ経済からの脱却」として、2014年から取り組み始めた【官製春闘】が、4年間の短期間で早くも息切れが生じている。

2017年の4月からのベースアップは、月額で1000円から1500円程度で、これでは収入増加は1%にも届かないであろう。

大企業の平均的な年収の増加に換算すると、僅か0.5%程度であるから、政府が主導し、日銀が目標としている「物価上昇率2%」には、はるかに届かない。

実績では物価上昇率の平均的な値は1%程度で推移しているから、この程度のベースアップでは【実質賃金ダウン】であるのは確実だ。

 

これでは、国民の消費意欲の改善は全く不可能で、アベノミクスの失敗と合わせて、トリクルダウン効果もなく、大企業主導のベースアップも実現不可能である。

あとは、人手不足を引き起こして、就労していない「女性の新規就労」を増加させていくことしか手立てはない。

共働きが増えることで「一世帯の合計年収」が増えることを期待するだけになる。

それを奨励するためにも、待機児童ゼロの目標を必達する必要があるが、7割くらいの自治体では、とても実現はできないと悲鳴をあげている。

さらに、働き過ぎの人材の健康を守るとして、超過勤務時間の削減を、声高に主導しているが、それも、大企業のわがままを聞いて、最大100時間を認めている。

 

何をやるにも及び腰の「既得権擁護」優先では、国民の消費マインドの改善は望むべくも無い。

安倍政権の政策は、中途半端な及び腰のために、国民は自分の生活を守るためには、消費を手控えて、「将来に備えての蓄えを増やす」ことを優先するしかない。

大企業は、このような国内市場の状況を見ているから、新規の投資は海外に向けるばかりで、それも世界の経済が不安定だから、社内留保を増やすことにする。

「官製春闘」などと、お願いだけの政策で、「大手企業の賃金引き上げ」を継続させようとするのは、企業経営をした経験の無い【世襲政治家のあまごと】である。

あらゆる政策を検討し、給与の引き上げに鞭を打ち、物価上昇率以上に賃上げをした企業だけを、税制的に優遇するような政策で誘導しなければならない。

 

政府が強制的にでも引き上げが可能なのは、「各地方ごとの最低賃金」であるが、これを2%以上引き上げたのは、2016年になってやっと実現させた。

民主党政権時代の3年半は、【何も成果がなく政権公約違反の怠慢】であった。

自民党に政権交代しても、2013年から2015年の3年間は、何もしなかった。

このように、「下からの賃金押し上げ効果」を実現するにしても、とにかく怠慢であり、遅すぎると言わざるを得ない。

安倍政権の失策を取り戻すには、2017年から「最低賃金の引上げ」を、「経済成長率目標の3%以上を確実に実現する」ことから始めなければならない。

それも及び腰では、すでに政権担当能力は落第である。

即刻退陣しかない!(続)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国の継続的な発展の基本はエ... | トップ | 安倍政権のの都合の悪いこと... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。