庵KM

技術屋OBの環境問題独り言

経済問題。交通問題。健康問題。そして、日本の国創り問題。快適社会問題。

徹底的に軽視されている野党では国会は成り立たない。

2017-05-17 | 国創り政治問題

安倍政権は「国家権力によるテロ対策を強化する」との大義名分で、戦前の「特高警察の政治犯の捜査」を、復活させようとしている。

言論人や市民活動家など「自由な言論と民主主義の破壊」に向けた政権の暴走だとして、強硬に反対している。

しかし、自民党政権の独善ぶりは益々増長して、野党の「質問や議論にまともに向い合わない」姿勢で、国民不在の国会運営である。

これほどの、独善ぶりは、健全な政権交代能力を持った野党がいれば、国民を愚弄するような国会運営が制御されるはずだ。

しかし安倍政権は、次回の総選挙で過半数を維持する事が確実だと思い込んでいるから、国民の動向など意に介しない。

民主主義の破壊の責任の半分は野党の低迷ぶりが原因である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ政権の国内政策は、... | トップ | 二番手しかできない体質の野... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。