競馬ブログ 邂逅(2017~)様々な出会いの感動を求めて

馬と、人と、音楽と、
出来ますれば予想の的中と、σ(^^)
様々な出会いの感動を求めて!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「青葉賞」の“外堀”と予想フォーカス

2017-04-29 12:47:34 | 競馬予想
「青葉賞」の“外堀”と予想フォーカス


〇【馬券圏内“囲い込み”】のための人気傾向。
(過去10年)

◆勝ち馬(軸)

1番人気が4勝して一歩抜けているが、
2着1頭・3着2頭。
1番人気としての連対率50%は水準より少々低く、
70%の“ワイド及び3連複の軸”程度が無難。
勝率60%を占有する2~10番人気からの“軸”抜擢も一考!

◆相手(本線)

【A】 ~ 連圏、1~5番人気内決着 … 3回
【B】 ~ 連圏、1~4番人気⇔6~15番人気決着 … 6回
【C】 ~ 連圏、7番人気⇒9番人気決着 … 1回
※基本的には決着率90%の【A】又は【B】“二者択一”だが、
配当妙味含めて、占有率60%の【B】スタンスが“狙い目”!

◆相手(押さえ)

【A】 ~ 3着 … 3・5・1番人気
【B】 ~ 3着 … 6・6・6・1・13・4番人気
【C】 ~ 3着 … 2番人気
※“狙い目”の【B】スタンスで臨んだ場合、
押さえの3着は上位1~6番人気からの選択がベスト!
なお、連圏が1~5番人気内で決着した場合、
3着も全て1~5番人気内。このスタンスでの妙味は全くなく、
上位1~5番人気によるワンツー決着と読めば、見送るべし。

〇過去10年の「青葉賞」含む、東京芝2400mの決着傾向。

◆脚質

東京芝2400mは差し馬が断然強い舞台として定着しているが、
過去10年の「青葉賞」も、2着馬のみは先行・差し互角でも、
勝ち馬と3着馬については差し・追い込み馬が圧倒中!

◆枠順

JRAの看板コースということで極端な有利不利は窺えないものの、
過去10年の「青葉賞」含めて、外枠、特に7~8枠は割引き!
過去10年の「青葉賞」3着馬は外枠優勢だが、
勝ち馬も、2着馬も、総じて内枠優勢で推移中!

〇「青葉賞」1~3着の臨戦ローテーション。

以前は「毎日杯」や「弥生賞」からの臨戦馬が強かったが、
近年を中心に、
500万(2200m~2400m)1~3着好走からの臨戦馬が圧倒中!
なお、前走からのレース間隔は中3~8週組に良績が集中!
レース間隔が短すぎても、逆に開きすぎても良くない。

〇主要出走馬チェック

☆アドミラブル

さほど闘って来た相手レベルは高くないが、
圧勝した未勝利のタイムは超破格であったし、
一転して超スローとなった前走「アザレア賞」も圧勝!
ペースが遅いと見るや、鞍上の指示に応じて早め進出!
4コーナー2番手から上がり最速33秒5で抜け出し圧勝!
「青葉賞」前2年の勝ち馬は「アザレア賞」1着からの臨戦馬!
ミルコの評価も高いノーザンファーム管理ホース!
「アザレア賞」から、3年連続優勝馬が出るかもしれない!
ただし、
初めての左回りに加えて、関東への長距離輸送も初めて。
人気は一本被りだが、キャリアの浅い若駒、絶対視は禁物!

☆ベストアプローチ

「弥生賞」は直線で前が詰まって立て直す不利!
終いの伸びは目立っていただけに脚を余して不完全燃焼!
「京都2歳S」にしても、直線で前が詰まって立ち上がる不利!
勝ったカデナとの差は立て直したぶんの差であり、
広い東京Aコースの12頭立てなら差し斬りは十分に可能!
左回り東京も長距離輸送も共に経験済みのアドバンテージ!

☆トリコロールブルー

中山の「スプリングS」は終いの伸びに不満を残したが、
中団から33秒9で差し斬った東京「フリージア賞」好内容!
2戦2勝の左回り、且つ、直線の長い東京は有り難く、
少々枠は外へ寄り過ぎたが、戸崎騎手なら対応は可能!

☆ダノンキングダム

「青葉賞」好走馬、過去の臨戦ローテーションから、
3ヵ月の休み明けは割引き材料だが、
不利有った「福寿草特別」除けば、2戦2勝と底見せず!
特に前走の「ゆりかもめ賞」は今回と同じ東京芝2400m!
キャリアの浅い若駒にとって、このアドバンテージは大きく、
好枠も引けただけに、再度の“粘り腰”を警戒すべき!

☆タガノアシュラ

2000mの「黄菊賞」を逃げてトリコロールブルー完封!
2200m「すみれS」も逃げて皐月賞4着クリンチャーの2着!
今回も単騎逃げへの叶いそうなメンバーだけに逃げ残り一考!

☆ポポカテペトル

好枠は引けたし、鞍上ルメールも魅力だが、
東京向きの決め手という点では強調できず、過信不可!
差し・追い込み勢が圧倒する「青葉賞」でもあり、凡走も?!

☆マイネルスフェーン

「京成杯」3着好走後、筋肉痛のアクシデント!
レース間隔が3ヵ月半も開いたローテーションは大幅割引き。
相手なりの堅実タイプではあるが‥今回に限っては過信不可。


〇青葉賞 予想フォーカス

◎7枠9番ベストアプローチ(岩田康誠)
○5枠5番ダノンキングダム(内田博幸)
▲6枠8番タガノアシュラ(北村宏司)
☆8枠11番トリコロールブルー(戸崎圭太)
△7枠10番アドミラブル(M.デムーロ)

‐買い目‐
【 9 → 5、8、11、10 】

◇馬連(◎軸ながし4点)
◇3連複(◎軸・相手4頭ボックス6点)
◇3連単(◎1頭軸・相手4頭ながし12点)

ソーケーフー
sk-ff@y9.dion.ne.jp

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〇皐月賞 | トップ | 〇天皇賞(春) 予想フォーカス »

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。