ジャーナリスト活動記録・佐々木奎一

※ブログ下記移転しました(2015年7月以降)
http://ssk-journal.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日テレ、共同通信…相次ぐセクハラ不祥事の闇

2013年06月18日 | Weblog

2013年6月3日、auのニュースサイト EZニュースフラッシュ増刊号
 
「朝刊ピックアップ」で記事 
 
「日テレ、共同通信…相次ぐセクハラ不祥事の闇」
 
を企画、取材、執筆しました。

 

 6月2日のスポーツ各紙は、日本テレビ系報道番77組「NEWS ZERO」の男性プロデューサーが、キャスターの山岸舞彩(やまぎし・まい)アナウンサー(26)や、女性スタッフ数人にセクハラ行為をした疑いで、更迭されたことを報じている。

 日刊スポーツによると「この男性プロデューサーは山岸をしつこく、2人だけの飲み会に誘ったり、メークルーム、楽屋にも付いていくなど、周囲にも目に余る行動を取り続けていたという。さらに山岸だけでなく、他の女性スタッフにも同じような行為を繰り返し、担当を外れることとなった」という。

 またスポーツ報知によれば、このプロデューサーは、「打ち合わせと称して楽屋に居座るなど必要以上に行動を共にして、メールで2人きりの反省会をしつこく誘っていたという。キャスター就任当初から行為が始まったそうで、山岸が関係者にメールの文面を見せて悩みを打ち明けていた」。

 マスコミのセクハラ不祥事といえば、つい先日5月30日に共同通信社の石川聡社長)と伊藤修一専務理事が、人事部長のセクハラ事件で引責辞任すると発表したばかり。同事件は、5月16日発売の『週刊文春』(文藝春秋刊)5月23日号に詳しい。

 記事によると、都内の有名大学に通う女性A氏は、共同通信の企業説明会で知り合った共同通信・総務局次長兼人事部長の今藤悟氏に「作文を添削してあげるよ」と呼び出され食事をした。しかし、A氏が終電を逃してしまったため、共同通信社の目の前にあるホテルの部屋を人事部長が取った。そしてA氏がそのホテルに泊まると、近藤人事部長は部屋まで入り込み、関係を迫ってきたのだという。

 こうしたマスコミのセクハラ不祥事は絶えない。例えば、09年7月にはフジテレビの長坂哲夫アナウンサーが女性スタッフに対してセクハラ行為をしたとして、アナウンス室副部長の役職を剥奪する懲戒処分に。

 06年9月には日本テレビの船越雅史チーフアナウンサーが、地方出張時に系列局の女性アナウンサーに対してセクハラ行為を行ったとして、降格処分となっている。

 ちなみに、近代日本の骨格をつくった人物の一人、福沢諭吉は、「見識」についてこう記している。「人の見識品行はただ聞見の博きのみにして高尚なるべきに非ず。万巻の書を読み天下の人に交わりなお一己の定見なき者もあり。(略)眼に経済書を見て一家の産を営むを知らず、口に修身論を講じて一身の徳を修むるを知らず、その所論とその所行とを比較するときは、正(まさ)しく二個の人あるが如くして、更に一定の見識あるを見ず」(「学問の学問のすゝめ」十二編より)

 このように、口では良いことを言いながら行動が伴わない人間を、福沢は痛烈に批判しているが、今の大手メディア社員にもそれは当てはまる。今求められているのは、言行一致の、魂の入った言葉といえよう。(佐々木奎一)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学生の避妊は無料!日仏にお... | トップ | カプコン ゲームクリエイタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。