飛鳥Ⅱ アジア・パシフィック クルーズ1

1月23日から「アジアパシィフィック クルーズ」に行って来ました。

23日 横浜港をPM2時に出港 39日間のクルーズ出発です。
避難訓練の後 出港風景を楽しみながらセイルウェイ・パーティー

夕方から旅の安全を祈願して「鏡開き」  夕食後はスタッフ紹介と続きました。
今夜からは 早速 カジノコーナーも開場!(日本船なので、金品に交換は出来ませんが チップの購入額に応じて記念品と交換できます)
荷物の整理などして初日は終了

24日 終日航海
早速、各教室の説明会 や ゲームタイムが始まりました。
夕食の キャプテン主催のウエルカムパーティーに・・・と 「コサージュ作り」に参加

今夜は フォーマル・ディナー でとても華やかです。船長はじめ男性の方はそれぞれコサージュを付けてパーティーとディナーに出席

25日 終日航海
私は「テラコッタ教室」の説明会に参加、 亭主は 囲碁講座に参加 とそれぞれ興味のある教室に出席
その他 初乗船者パーティー、7Fのデッキを歩く会、社交ダンス教室、ゴルフレッスン、コントラクト・ブリッジ教室、マージャン教室、パドル・テニス、映画上映 etc 飽きることはありません。
今夜のショーは「Konishikiスペシャルステージ」 小錦さんと愛する奥様、バンド、フラダンサーで構成された明るく楽しいステージでした。

26日 終日航海
午前は「テラコッタ教室」に参加  何を作ろうか??と迷ったあげく "お地蔵さん"を・・
今日は粘土で形を作り終了
午後は「フラダンス教室」に参加! 昨夜の小錦さんのステージで活躍したダンサーによるフラダンス教室 上手く出来なくても楽しいです 
今夜は「プラウディア・グランド・オーケストラ」の演奏。 オーケストラと行っても3人構成(ピアノ、フルート、キーボード)です。親しみ安くて楽しいコンサートでした。

27日 最初の寄港地 グアム に到着
入国審査の後は それぞれPOツアーに出掛けました。
私たちは 「グアム・サブマリンツアー」に参加

潜水艦で 最大48mまで潜ります。水の中と陸上ではこんなに色が違って見えます。
夜は夕食付の「サンドキャッスルショー」の参加  夕食(中華料理)も ショーも良かったです。

28日 終日航海
午前は「オカリナ教室」に・・・今迄した事がありませんが、可愛い先生が優しく教えて下さいました。
そして写真教室の説明会にも参加しました。
今夜は「ピアノ コンサート」がありました。

29日 終日航海
午前は「テラコッタ教室」の2回目  この日までに先生が焼いて下さっており、彩色をして出来上がりました。

何もない所から 形作ると言うのは難しい物ですね~
今夜は「Konishikiスペシャルステージ」の2回目で楽しみました。

30日 パラオに投錨しました。
午後から PO「ロックアイランド遊覧」に参加

写真のベストポイントです。

31日 終日航海
午前は「オカリナ教室」の2回目
今日は午後から「県人会」があり、亭主は生まれ故郷山口県・私は生まれて43年を暮らした新宿区に参加
講演「香料諸島マルクの背景に潜む争奪」を聞きに行きました。

2月1日 終日航海
「フラ教室」に参加  小錦さん一行がパラオで下船してしまったので、エンターテインメントスッタフの方が今日から教えて下さいます。
夕方からは「赤道祭」があり盛り上がりました。

数日前から「赤道を通過するのは何時か?」と言うクイズが出されて その正解の発表されます。 残念ながらピタリ賞はいらっしゃいませんでしたが、1秒違いで2人の方が賞を貰いました。(午前9時34分 だそうです)
その後は、船長が海の神 ネプチューンから赤道を通過する鍵を受け取る・・・と言う道化芝居的な行事を行う習慣で、船長と海の神に扮した方と"相撲を取り"見事 神を負かし通過できた!となりました。

2日 アンボンに入港
マルク諸島の1つで 州都があります。
昔は「香料諸島」と呼ばれていて、クローブ と ナツメグが有名

入港歓迎式の様子
私たちは午前の「アンボンを訪ねて」に参加しました。雨模様でしたが、バスに分乗して巡りました。

 こちらでは日本語が話せるガイドが居ないそうで、大学生のボランティアさんが英語での説明でした(自分の語学力の無さに ガッカリしました)
船が出航の時には、皆さんが岸壁に集まり 何時までもいつまでも「有り難うございました!サンキュー!」と手を振ってくれました 

3日 終日航海 
「オカリナ教室」の3回目
その他は、珍しく参加したいものが無くのんびりと ティータイムを楽しみました。
今夜は インフォーマル の日でしたので 私は昔インドで作った"パンジャビ スーツ"を着てみました。

4日 終日航海
午後から「アーリー刺繍」の体験をしてみました。
インドの職人さんが 簡単そうにしていたのですが、これがとても難しい!!

これは参考に 布の端にしてある見本刺繡です。 このガーゼの様な布地を挟んで かぎ針でチェーンステッチをするのですが・・・かぎ針を引き上げる時に横糸が引っ掛かり上手くできません。
1時間で出来たのは5㎝位 ご一緒した皆さんも ”難しい!!”を連発していました。

今日は ここまでにします。
家事の合間に書いていますので、なかなか進みませんが気長にお付き合いをお願い致します。


 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2017 酉年 飛鳥Ⅱ アジア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。