信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/02 石巻の街を歩く

2017-02-09 05:20:07 | 街紀行

お早うございます、信です。
女川研修の後、石巻のホテルに泊まりました。

石巻線は電車の便が悪く、一本逃すと次発まで1時間30分なかったりしますから大変です。
女川観光復興のためには、もう少し増発して欲しいですね。

翌朝、石巻の街を散歩してみました。
赤レンガの小路。こういう横丁の雰囲気が好きです。





石巻駅です。
屋根の白いのは雪ではありません。雲の絵です。









メインストリートで迎えてくれるのが
005ジェロニモと、超能力者001イワン。






市役所の前には仮面ライダーV3。




市役所は駅前にあるのですが、商業施設の跡地を再利用したようです。
ここに移転する前は、日和山麓の旧市街に庁舎があったそうです。

3.11の時は1Fフロアが泥流であふれたそうです。
でも耐震構造なので、多くの住民が避難した建物です。

渋い駅前交番の絵。これは誰だったかなぁ






駅舎の上には004アルベルト 逆光で残念。





そして003 フランソワーズ。
憧れの女性でした。




よく見ると、後ろに3.11での津波の浸水位置が書いてあります。
ここまで水が来たんですね。


駅の全景はこんな感じです。
海は左手、メインストリートを抜けて日和山の向こうが石巻湾です。






今朝は生憎の天気。





分厚い雲がのしかかっています。






再びメインストリートに戻りましょう。
008ピュンマ だったかな。






そして日和山を背に
009 島村ジョー。大好きなキャラクターでした。









港までずっと楽しめますね。




再び004 そろそろ時間です。



うっかりしていると、今日の研修に間に合う電車を乗り過ごします。
乗り遅れると大変なことになります。




二日目の研修は貴重な話をたくさん聞けました。
これは研修後の女川の空。





この後、雨が降ってきます。
目まぐるしく変わる天気でした。





次回は研修での話や、女川港の様子を入れてレポしましょう。

千年後の女川の街を創生する。
そんな気概に溢れた人たちの話です。

それでは皆さま、ご機嫌よう。


『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/02 復興の街 女川を往く | トップ | 2017/02 復興の街 女川を往く... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2017-02-09 10:00:46
女川はまだ旅したことがありません。
駅を中心としたまとまった街ですね

穏やかな入り江に浮かぶ船を見てると
震災時の津波が嘘の様に思えてきます。

災害に強い 行政と民間の血の通ったコンパクトシティを目指してもらいたいものです。 
 よく似た仕事に携わってます。
穏やかな入り江 ()
2017-02-09 18:43:26
錫杖師匠>

休日返上の前準備ですか、確かに私も現役時代は良くやりました。
それをやるか、やらないかで当日の段取りがまったく違ってきます。
今はやれサービス残業だとか、休日出勤の幹部社員承認とかまったく煩くなってしまいました。
仕事の質に拘る若い人には、ちょっと可哀想な時代かも知れません。

>よく似た仕事に携わってます
そうでしたか。
それならば是非、女川研修を入れてみては如何でしょうか。
コンセプトは「千年後の街を創生する」
そこに交わる人たちのプロデュース力の勁さが伝わってくると思います。
コメントご指導、ありがとうございました。


コメントを投稿

街紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL