信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/10 紅葉のアプトの道を往く

2016-10-31 05:56:51 | 山紀行

こんにちは、信です。
季節は霜降の次候、第五十三候 霎時施(こさめ ときどき ふる)です。

昨日は北関東は「晴れ」の予報だったので、JR横川駅からアプトの道を歩いてみました。
晴れ・・の筈だったのですが






着いてみたら、こんなどんよりな天気。




歩かない人はトロッコ電車で

沢山の観光客を乗せて行きます。






こちらは駅前の御岳。東側の断崖絶壁が印象的です。





旧碓氷線のレールを辿って歩きます。





先日、家族で駆け抜けた上信越道。暗いです。





旧丸山変電所です。




内部を公開していました。
ここには560個のバッテリーが設置してあったそうです。




  


変電所の前の紅葉。










戻りのトロッコ電車がゆっくり下りて行きました。





峠の湯からの裏妙義。




「峠の湯」は平成25年7月31に火災にあい、営業停止していたのですが
昨年の12月1日にリニューアルOPENしたそうです。

こちらは1Fのレストラン「碓氷テラス」から。








さて食事も終えてウォーキング再開。




1号トンネルです。








天気予報が外れて、おぼろ月夜ならぬ朧太陽。




第2トンネル。









碓氷湖です。人工湖です。
ここは帰りに寄りましょう。




第3トンネル。




もっと陽の光があれば綺麗だろうに・・




第4、5トンネルと抜けて
  



メガネ橋の上に出ました。





旧国道18号がすぐ下を通ります。





あれはもう使われていない碓氷新線の鉄橋。





欅が良い色でした。






さて我々はそのまま6号トンネルに突入。





ここは今までと違って長く、中で曲がっています。








ドキ!




そのまま7号へ。







少し陽が差してきたかな。





第8号トンネル。





山奥に入ったな、という感じ。













10号トンネルです。
うちのクマさんは元気が良かった。





少し明るくなって良い色が見えました。





熊ノ平到着です。
悲しい歴史がありますが、それはまた別の機会に。










もっと木々が多い印象でしたが





昔は単線で、ここで上下スライドをしたようです。





いろいろな歴史秘話がありますが




今朝は時間がないので、また今度。

それでは皆さま、ご機嫌よう。


『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/10 秋風を歩く | トップ | 2016/10 紅葉のアプトの道を... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2016-10-31 09:09:24
碓氷峠ですか。
私は歩いたことがありませんが、
行ってみたい峠です。 
分水嶺好きで、街道歩き好きで、鉄道好きの
私にとって憧れの峠なんでよ。
Unknown (錫杖)
2016-10-31 12:25:34
怒濤の隧道ラッシュですね

これはかなりな歴史的建造物。
削岩機が活躍した時代ですね
もしかして手彫りの時代でしょうか

ここまでの規模の隧道は
日本にないと思いますよ。

高熱隧道とはまたひと味違う歴史とロマンを感じました。
信さんの行動範囲はいつものことながら広いです
Re:碓氷峠 (信)
2016-10-31 12:43:38
はりさん〉
そういえば、はりさんの十八番3拍子揃ってますね。
実際には碓氷峠は、この熊ノ平より更に上にあります。
熊ノ平で線路の先を見ると、ここから急勾配に上がっているのが分かります。
残念ながら今はこれ以上行けません。
登山道を整備してもらえると良いのですが、危険性が高過ぎてリスクを背負えないのでしょう。
紅葉はまだ早いようです。あと2週間後、だと思います。
コメントありがとうございました。
Re:トンネル (信)
2016-10-31 12:59:05
横川駅から碓氷峠の取りつきに出て10個のトンネルが続きます。
絵からは分かりにくいですが、横川駅が標高387mで、熊ノ平駅は680mです。
工程が片道約6.4kmですから鉄道学的に言うと・・・
まあかなりな勾配ということになります。
今週は錫杖さんに教わった、曲者の並んだ高気圧だったので、山行は見送りました。
来週が良さそうなので、じっくり天気図とにらめっこです。
コメントありがとうございました。
Unknown (雨音)
2016-10-31 13:45:39
懐かしい!
妙義をはじめ、幾度となく登った、上信越、西上州の山々、大好きな山域
今、せめて写真で感触を感じながら拝見させていただいてます。
裏妙義 ()
2016-11-01 04:33:13
雨音さま>
えーこの裏妙義を歩きましたか。
特に御岳の東稜は断崖絶壁です。
たぶん丁須ノ頭も極められたのでしょうか。
それは凄い。
高所恐怖症の私にはムリ。
信越線の車窓から、それは綺麗に相馬岳、白雲岳が見えました。
のちほど載せるようにします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL