信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/06 遥かな尾瀬5 ~竜宮~

2017-06-17 03:17:20 | 尾瀬

お早うございます、信です。
もうこの「遥かな尾瀬」シリーズもプロローグを入れて6回目になりました。
あと6回ぐらいは続けそうな勢いです。

この週末はまた奥日光を訪ねようと思います。
ここ2年連続して訪問している、奥日光の仙人さんのお宅です。
詳しくは昨年訪れた時に書きましたが、あとはお天気との相談ですが予報ではまあまあのようです。

錫杖さんは今ごろどこの稜線を歩いているんでしょうか
北アルプスが恋しくなってきますね。


また尾瀬徘徊を続けましょう。


1





足元にはタテヤマリンドウ、こちらは白い花です。


2







3




この辺りがちょうど真ん中でしょうか


4





燧ケ岳と至仏山が同じくらいの大きさで見えました。


5


だんだん燧ケ岳が大きくなっていきます。

燧ケ岳(2,356m)
日本百名山で東北の最高峰です。


6




木道の間にリュウキンカ


7



ここが竜宮です。
伏流水が湧き出す場所のようです。
水深が深くて1.5mくらいあるように感じました。


8


じっとみてると、中に吸い込まれそうでした。
竜宮現象→ 尾瀬歩き




9




水が豊富なので水芭蕉も嬉しそう


10




間もなく竜宮小屋です。


11




これは失敗、白飛びしました。
バイカモではないかと思います。


12






13




新潟の景鶴山でしょう。300名山です。
ということは錫杖さんは、ここを登っていますね。


14




竜宮十字路です、こちらは東電小屋方向。


15




16



竜宮小屋は人が沢山いたのでスルーしました。

沼尻川です。


17




アズマイチゲが咲いていました。


18




実に可憐です。


19




こちらにはハクサンイチゲ


20



この川を過ぎると福島県です。


21






22




振り返ると群馬県の標識。


23




これはヒメイチゲですね。
初めてお会いしました。


24





さすがにここまで来ると人はぐっと減ります。


25


そして燧ケ岳がどんどん大きくなってくるのでした。

明日は下田代を歩いて見晴です。

それでは皆さま、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/06 遥かな尾瀬4 ~下ノ... | トップ | 2017/06 遥かな尾瀬6 ~見晴~ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2017-06-17 08:01:16
おはようございます。
日帰りハイキングのモデルコースでは
龍宮までとなっていたので、私たちも
せめて龍宮まで歩きたかったですね。
燧ヶ岳も大きくなってきましたね。
東北で一番高い山だったんですか知らなかったです。
信さんと一緒に木道を歩いている気がします。
Unknown (錫杖)
2017-06-17 09:05:42
おはようございます。


錫杖さんは今ごろどこの稜線を歩いているんでしょうか
北アルプスが恋しくなってきますね。

昨夜戻りました。場所はまだ公表しませんが、残雪の北アルプスを堪能してきましたよ
 おかげさまで日焼けで肌がボロボロ 目は雪目。 精神状態はフル充電完了
2週間は、どんな事があってもストレスブロックが出来そうです(笑)

 はりさんと同じく、尾瀬を歩いて感じをうける錫杖です。

 14番は景鶴山 その森には100を超える熊棚があり、下山中に熊棚の巣を見つけてぞっとしました。

('-'*)オヒサ♪です。 (イワン)
2017-06-17 17:30:45
広大な湿原ですね。
木道の整備も大変な努力が必要でしょう。

1枚目、水芭蕉が咲き誇る間を、木道が奥の燧ケ岳?へと導くように伸びていく中、歩かれていくハイカーの2人、良い感じですね。

のんびりと歩くと気持ちが良いでしょうね。
燧ケ岳 ()
2017-06-18 03:15:15
はりさん>

相変わらずエネルギッシュに歩かれていますね
はりさんの動向にも目が離せません。

今回は燧ケ岳に登りたいと思っていましたが
思ったより移動に時間が掛かることが分かりました。
また残雪が多く道迷いの危険性が高いという、小屋の主人の話もあって
自重しました。
また次に訪れるチャンスを待って、改めて挑戦したいと思います。
次はまずは至仏山ですかね。
コメントありがとうございました。

景鶴山 ()
2017-06-18 03:21:24
錫杖師匠>

>おかげさまで日焼けで肌がボロボロ 目は雪目
天気に恵まれた証拠ですね。
晴天の北アルプスと
残雪の斑模様
目に浮かぶようです
白馬大池のチングルマは咲いたかな

景鶴山
やはり登られていますね。
尾瀬からアタックなんでしょうか
>100を超える熊棚があり、下山中に・・
それはちょっと近づきがたいですね。
でもそれも自然の営みなんでしょう
コメントありがとうございました。

ハイカー ()
2017-06-18 03:28:22
イワンさん>

1枚目は見晴へ出る途中の拠水林を、振り返って撮ったもので山は至仏山です。
木道の整備は国、群馬県、福島県、東京電力がそれぞれ分担して継続して行っているようです。
面白いのはこの木道の木から栄養分が出て、その周辺に花が沢山咲くのだとか
これだけ広大な湿地帯ですから、その年ごとに場所を変えて整備が行われています。
その努力に感謝ですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL