信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/05 信州DC in Spring №2 (その8) 日は沈みそしてまた昇る

2017-05-14 05:43:24 | 北アルプス(南部)


お早うございます、信です。
昨日の雨で出掛けることもなく、一日中PCの前で頑張って、ようやくGW後半の画像編集が終わりました。
全部で2700枚近い画像でした。
これがi5-760のままだったらと思うと、ぞっとしますね。i7-880換装の効果は抜群でした。

さてまだ5月2日の北アルプス 燕岳登山の様子を綴っています。
この日の燕山荘の夕食はこれ。
ハンバーグにぶりの照り焼き、デザートまであります。


1


こんな2700m以上の山の上で、有難いですね。
荷物上げも大変なご苦労でしょう。

さてまだ陽は落ちていません。
1821


2




でも もう間もなく水晶の肩に沈もうとしています。


3


錫杖師匠が先日書いていましたが
「山を思えば人恋し、人を思えば山恋し」

やっぱり家に一人で残っているクマさんのことを思います。


4





5





6



錫杖師匠が仰るように
立山側の空気は凛と澄んでいました。


7





8





9





10



同じような絵で


11



申し訳ないですが


12



美しい時を


13



過ごすことが出来ました。


14



1828


15






16




1829


17






18




1830 沈んだようです。


19



マジックアワーの女王でした。


20



皆さん、この後の北アルプスと天の川を期待されますよね。
私も期待に応えようと、小屋に戻ってオーナーの赤沼さんの講話を聴いて
意気揚々とPM20時ごろ、早い眠りにつきました・・・zzz


翌朝起きたら・・


21


何と4時過ぎ・・完全に寝坊です。
久しぶりの北アルプス2700m、そして長い距離のクランポン。

疲れが溜まったようです。軽い高山病で頭痛もしています。


22



既に東の空は紅く


23



夜明けの準備が始まっていました。


24




噴煙を吐く浅間山


25






26






27




安曇野の街も動き出しています。


28



それでは、皆さまご機嫌よう。

明日はご来光です。



『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/05 信州DC in Spring №2... | トップ | 2017/05 信州DC in Spring №2... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-05-14 07:56:27
おはようございます。
素晴らしい夕景と朝焼けに、今朝も1枚1枚楽しみながら拝見しています。

今日のtakayanのお気に入りは、18、19番と24、25番です。
每朝素晴らしい山岳写真に、感動しています。
CPUのi5-760から i7-880 への換装は正解でしたね。
takayan度には到底無理な改造です。
Unknown (takayan)
2017-05-14 07:56:37
おはようございます。
素晴らしい夕景と朝焼けに、今朝も1枚1枚楽しみながら拝見しています。

今日のtakayanのお気に入りは、18、19番と24、25番です。
每朝素晴らしい山岳写真に、感動しています。
CPUのi5-760から i7-880 への換装は正解でしたね。
takayan度には到底無理な改造です。
夕日 ()
2017-05-14 08:26:49
takayan師匠>

お早うございます。
>今朝も1枚1枚楽しみながら
ありがとうございます。
大きな励みの力になります。

18,19番は裏銀座水晶岳(黒岳)に沈み行く夕日です。
この日はあまり焼けませんでしたが、本当に綺麗なマジックアワーを楽しむことが出来ました。

今朝の師匠のブログにも書いてありましたが、山でも同じことが起きています。
前にも書きましたが、燕山荘付近の雷鳥が来なくなっています。
雷鳥は人を怖がりません。
日本人の雷鳥に対する畏敬と、神の使いとする敬いが雷鳥のDNAにも刷り込まれてきたのです。
外国では人が雷鳥を食べてしまったので、絶滅したそうです。
ところがほんの一部の登山者が、食べ残しやゴミを残し、それを追ってカラスがやってきました。
カラスは雷鳥の雛を襲うようになり、この稜線上から雷鳥が避難してしまったとのこと。
とても悲しい話です。
夕食後のオーナーの赤沼さんの講話の中で語られたエピソードで、受け売りですがとても印象に残りました。
いずれ折を見て、本文にも書きたいと思います。

CPUの換装は思ったより簡単で、5分程度で終わりました。
ちょっと拍子抜けするぐらいでした。
ハンバーガーPCだから出来ることで、メーカーPCはやめた方が良いですね。
まずメーカー保証が受けられなくなり、サポート・修理も受付してもらえなくなりますから。

今日のtakayan師匠と、錫杖師匠の絵を見ていたら、一旦燕岳を離れたくなりました。
明日は白馬編を1回挟むことにしましょう。
また覗いて下さいね。
コメントありがとうございました。

Unknown (錫杖)
2017-05-14 09:01:35
水晶に落ちる夕陽を見ながら朝の珈琲をいただいております。
 わたしも燕から見えるアルプスのほとんど闊歩しておりますので、写る山毎に思い出がフラッシュバックしてきます。
 苦しかった事 雨にやられた事 雷鳥の親子にあった事 悲しかった事 楽しかった事 夕陽の作るアルプスの寂寥感 
小屋泊まりだからこそ安心してこの世界を味わえます。 
太陽と槍の間に巨大な水晶があるので陽があたらないのですね
 昨年の蝶ヶ岳 槍ヶ岳を思い出しましたよ
 白馬のさわやかな作品 楽しみにしてます。  
アルプス ()
2017-05-14 10:11:39
錫杖師匠>

>燕から見えるアルプスのほとんど闊歩しております
凄いですね。
私は立山から竜王、五色ヶ原が未踏
今年は針ノ木から船窪の美味しい夕食が食べてみたいですね。

頂きひとつ一つに思い出がありますね。
苦しいことも楽しいことも、稜線一つ一つ、山が全てを呑み込んでくれます。

昨年の蝶ヶ岳の展望台
そして間髪を入れずに登った槍ヶ岳
私はあれに憧れて、秋に新穂高から双六に上がりました。

また今年はどんな山物語が出来るのか
また見せてもらえるのか
そうそう錫杖ヶ岳も行かねばならないし、行ったら湖南アルプスも素通り出来ませんね。
また沢山の思い出が出来そうです。
コメントありがとうございました。




Unknown (はりさん)
2017-05-14 15:46:11
星空、期待していたのですが…。ウソですよ。
私もきっと、目が覚めたら朝だったと思います。
山は、思った以上に疲れが出るものです。
ご来光に間に合ったのなら十分です。
明日は、どんなご来光が見られるのか
楽しみにしております。
Unknown (イワン)
2017-05-14 17:27:36
山を愛する人たちの写す山の景色は、気持ちが写真からも伝わってきます。

登山の体力消耗は激しいのでしょうから、寝坊も仕方がないでしょう。
山の神様が、無事に下山できるようにしてくれたのですよ。
星空 ()
2017-05-14 18:25:50
はりさん>

今回は錫杖さんではないですが、イルカと天の川狙いで三脚を担ぎ上げたんです。
でも予想したとはいえ、第一ベンチからのクランポンは想定外の疲労を溜めこんだようです。
赤沼オーナーの話は興味深く、面白くて時間もあっと云う間でしたが、終わってから少し横になったら、そのまま夢の中でした。

隣でガサゴソ煩いので起きたら、もう4時間近。しまったと思ってカメラやら三脚やら防寒装備して出たら・・
時すでに遅しでした。

まあでもご来光を、テラスのベンチでじっくり狙えましたから良かったです。
明日はスイマセン、また山から離れて白馬編を挟みます。
ご来光は明後日お送りします。
コメントありがとうございました。

山を愛する ()
2017-05-14 18:33:00
イワンさん>

>山を愛する人たちの写す山の景色は、気持ちが写真からも伝わってきます。
本当でしょうか
そうだとしたら、こんなに嬉しい言葉はありませんね。

山やとしては錫杖師匠の足元にも及びませんが、山を愛でる気持ちは同じだと思いたいのですが
なかなか結果として、絵に残せません。

尤も錫杖師匠の模倣の段階ですから、これから精進して真の、信の山世界の絵が残せたら嬉しいですね。
明日は白馬の春里を挟んで
また山に戻ります。
また覗いて下さいね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL