信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/05 信州DC in Spring №2 (その6) 燕岳頂上から

2017-05-12 04:12:47 | 北アルプス(南部)


お早うございます、信です。
このところ画像編集に追われる日々が続いています。
それもその筈、GWで散々撮り散らかしてきたので、現像作業が間に合っていません。

燕岳シリーズと、白馬シリーズを並行して進めている状況です。
そこでNIKON Capture NX-Dでsettingして現像を行う訳ですが・・遅い。
一計を案じて大枚 1万円を投じて CPUをi5-760から i7-880 に換装しました。





今まで使った感じでは、かなりGooです。
現像作業がサクサクになりました。

閑話休題。
それでは5月2日、快晴の燕岳に戻りましょう。


1



お馴染みの看板


2



南には槍・穂高


3



f/11 56mm 1/800s ISO 280 この時点ではまだISO Auto


4



折角の笠が飛んでます。


5



時間は PM15:08
まだ夕食までにはたっぷり時間があります。


6





7



錫杖師匠への贈り物。


8





9




この燕女王のスタイルの良さ。この艶っぽさ、改めて惚れました。


10





11



表銀座の稜線道がくっきり出ています。
それだけ多くの人が、ここを往き来したのでしょう。


12





13




数人の人がその表銀座道を歩いて行きます。
一番後ろの岳人は、今日は大天井でテン泊かな


14



これも定番メガネ岩


15




16



北燕と、その先の針ノ木


17


ここでやっとISOをManualに。100で固定します。
針ノ木にズーム 140mm


18


実は私、劔と勘違いしてました。
劔はこの一番奥。


19


あの向こう側が室堂。takayan師匠たちが昨秋、撮影山行したところ。
光っているV字は竜王と雄山の間、御山谷。

こっちには北アルオールスター、爺、鹿島、白馬まで。


20



裏銀座 烏帽子の尖がりの先は黒部五郎か。


21





22



右に目を転じれば
雨飾から火打、妙高の頚城山塊


23



美しい稜線です。


24



そうこうしているうちに
頂へ


25




何て美しい造形だろう


26





27





28





29



餓鬼岳の稜線にもそそられる。


30




花崗岩のゴルジュから水晶を拝む


31



山小屋への帰り道。
信濃富士の頂の向こうに美しい安曇野の里。


32



ずっとここに居たい


33



美しい笠ヶ岳の稜線。


34


何mの雪があることだろう。



35



霞む富士山。夜景が美しいことだろう。


36





37





38





39





40





41





42




さて長くなりました。


43



明日はこの稜線が


44


ほんのり染まっていく

美しい夕日をお送りしましょう。


それでは皆さま、ご機嫌よう。



『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/05 信州DC in Spring №2... | トップ | 2017/05 信州DC in Spring №2... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takayan)
2017-05-12 06:26:32
おはようございます。
takayanもNikonのCapture NX-Dと、今はh廃盤になったCapture NX-2を使っています。
特にCapture NX-Dは遅いですね。
CPUをi7に換装されたのですね。
私もWindows10の方は古くて遅いので、今は主にiMacを使っています。
もう3年も前の機種ですが、カスタマイズでi73.5GHz、メモリ24GB、NVDIA GeForce GTX と言う仕様です。
パソコンというよりNikonのソフトが重すぎると思います。
Capture NX-2のように有料でもいいので、Nikonにはもう少し完成度の高いソフトの提供を望むところです。

さて本題の今日の作品ですが、トップの槍ヶ岳はtakayanも分かります。(笑)
どの写真も素晴らしくて、1枚1枚じっくり鑑賞させてもらっています。
昨年の11月の室堂が懐かしく思い出されます。
あの撮影旅行も、錫杖さんに連れてもらわなければ、
takayan達には一生見ることがなかった風景でした。
今日の写真は、錫杖さんも楽しみながら、じっくり拝見されていることでしょうね。
それにしても良い天気に恵まれましたね。

こんな景色を、愛機で撮ってみたいところですが、takayanにはかなわない夢。
信さんの作品で楽しませていただきます。
明日は夕景ですか?楽しみにしています。

CaptureNX ()
2017-05-12 07:08:18
お早うございます。
CaptureNX重いですよね、EMFを全部キャッシュしますから枚数が多いと大変です。
一旦ディスクにcopyして、フォルダで分割してから進めないと大変です。
私の場合はこのPCを買ってから、7年経過しましたからi5-760では現像に時間がかかり過ぎなので
思い切って、安くなったi7-880に換装しました。
Windowsの起動が心配でしたが、Win10は何も問題なく立ち上ってくれました。

燕の稜線から見た立山
昨秋の師匠たちの絵が走馬灯のように浮かんできましたよ。
天気に恵まれて、この季節としては奇跡的な穏やかさで稜線漫遊を楽しませて頂きました。

明日は夕日、明後日はご来光です。
楽しんで頂ければ幸いです。
コメントありがとうございました。

Unknown (はりさん)
2017-05-12 08:41:51
朝から素晴らしい山岳風景を楽しませてもらいました。
ますます、実際にそこに行って見てみたくなりました。
もう少し我慢して、雪が無くなったら行動開始ですね。
現像の話は、外国語のように聞こえます。
もともとパソコンが得意でない人間なので…。
今のパソコンも8年になり、そろそろ買い換えです。
写真ならiMacと言われるのですが…。


Unknown (錫杖)
2017-05-12 12:40:37
いいですねえ

夕焼け編は2度に分けてあるんですか(笑)
今回の作品で目に止まったのは、劔立山方面の空気層が澄み切ってることです。
これは夕陽の落ちる西面から長い波長の光線が届く事と明日の快晴を約束してる事を意味します。
 こんな日は風もなく撮影に適してますね 銀河を泳ぐ燕イルカなど撮影されたのでしょうか 
 あと2つ
一つ目は1枚目 西鎌尾根の上に端整な笠ヶ岳 しばらく見入ってしまいました。
北鎌尾根の稜線が贅沢にずばっと入っている事が効果大なんでしょうね
 2つ目は雪面に浮かぶダケカンバの林
わたしはこの世界感が大好き
わたしなら 1本1本と話ながら撮ってるでしょうね

 最後NIKON Capture NX-D わたしもimacで使用で切る環境にしてありますが、基本アドビのPhotoshopに慣れてるので使用していません。 でも色の再現性は
NIKON Capture NX-Dの優れていると思います。 
PC ()
2017-05-12 18:32:57
はりさん>

悩ましいですねぇ
昔から画像はMACでPhotShopが定番でしたからね。
私はついにここまでMAC文化に染まることなく、来てしまいましたが
さてはりさんはWindowsを捨てるや否や・・
でも結局、中身はINTELなんですけどね。

8年というと・・
Intelチップのiシリーズが出始めた頃でしょうか。
今や最上位チップはその頃のCPUの10倍以上の性能ですから、そろそろ・・ですね。
まあ別に支障が無ければ、そのままでも問題はありませんが。

明日から夕日に入ります。
錫杖さんが仰るように、綺麗な夕日で染まってくれました。
また覗いて下さいね。
コメントありがとうございました。





夕焼け ()
2017-05-12 18:46:31
錫杖師匠>

西へ・・から無事帰って来られたのでしょうか。
仰るように今回は、立山・劔の空が本当に抜けてましたね。
>これは夕陽の落ちる西面から長い波長の光線が届く事と明日の快晴を約束してる事を意味します。
凄いですね。
翌朝も良い天気でした。
>こんな日は風もなく撮影に適してますね 銀河を泳ぐ燕イルカなど撮影されたのでしょうか
・・・NoComment

笠ヶ岳は綺麗でした。
今年、秋の初めにまた新穂高口から笠新道を登ることを決意しました。

なるほどダケカンバと会話、だからこそあの立体感のある絵が撮れる訳ですね。
まだまだ修行が足りませんね。会話どころか相手にもしてもらえてません。
「10年早い」そう云われているような気がします。

そうでしたか師匠もMAC派でしたか。
さすがにPhotoShop、もう少しお手軽だったら良いんですがねぇ・・
私はお手製GradeUpでFreeソフトを骨まで使って頑張ります。
コメントご指導、ありがとうございました。




コメントを投稿

北アルプス(南部)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL