信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/04 足利の春里

2017-04-20 04:26:57 | 季節の花


お早うございます、信です。
季節は進み卯月は穀雨、第十六候 葭始生(あし はじめて しょうず)になりました。
手賀沼の葦原も緑になったでしょうか。


なんと足利山シリーズ 6回目です。
これは先週の木曜(4/13)の足利市内を綴っています。
行道山浄因寺から降りてきました。
これも毎年、同じころ撮っている山吹です。


1


紫陽花の新芽が綺麗でした。


2


これはお不動様の足元。


3



崖の下に鎮座するお不動様です。
思わず手を合わせますね。


4


サンシュユです。


5


午後の陽光に照らされて、それは綺麗でした。


6


この椿が絶品でした。
あの横になった枝が無ければ・・とも思いますが


7


このお宅の一本桜。これもこの里のイッピンですね。
昔から浄因寺を訪れる人を楽しませてきたことでしょう。


8


ブラブラ歩いていたら
近所のお爺ちゃんが出てきて「バスが出るよ」と教えてくれました。


9


でもこの花吹雪


10



11


桜のシャワーでうっとり
このお宅は石楠花が咲いています。


12


花桃が綺麗な畑。


13


うっとり眺めているうちに
バスは行ってしまったようです。


14



15


薬師堂の一本桜。


16



17


美しい里の長閑な昼下がり。


18


でもバスで帰るより
歩いた方がずっと楽しい。


19


畑にいた鶏。
放し飼いです。


20


季節の燕さん。
これも歩けばこその出逢い。


21


足利巖華園の桜。
正統清和源氏の嫡流、中島家のお宅です。


22


若しかしたら坂本龍馬も歩いたでしょうか。


23


市内に入って鑁阿寺に寄り道しました。


24


足利家の氏寺。
足利氏の邸宅跡でもあります。


25


境内のしだれ桜。


26



27


始めから終わりまで
桜を愛でる、良い休日の山行になりました。


28


これはやりすぎ。


29


鑁阿寺の山門前の花筏。


30



さてようやく足利山シリーズ完結です。

長い間ご覧頂き、ありがとうございました。

明日から奥武蔵蕨山シリーズに移ります。

それでは皆さま、ご機嫌よう。



『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/04 行道山浄因寺 | トップ | 2017/04 春萌える鳥居観音 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖@桜)
2017-04-20 05:15:46
おはようございます。
旅路の朝一におじゃまします。

ここは某道の駅、朝焼け待ち
今から山桜の撮影に向かうところです。
はやっ ()
2017-04-20 07:07:21
錫杖師匠〉

お早うございます。
早いですね。岳人の鉄則、夜明けとともに行動開始ですか。
行動パターンに落とし込まれていますね。
今朝の雄川の滝、胸打たれました。
流石にくまなく歩かれた見聞が披露されています。
奈良の桜はまだ間に合いますか
楽しみです。

Unknown (takayan)
2017-04-21 00:00:11
こんばんは。
今日も錫杖さんと同行、奈良の桜を楽しんできました。
16番、薬師堂の一本桜は見事ですね。
しかし今日は、何と言っても最後の花筏です。
takayanも一度花筏の流れる様子を、低速シャッターで(数秒)撮ってみたいと前から思っています。
なかなかチャンスに恵まれません。
三脚とNDフィルター、リモートケーブルが必要ですね。

今日は撮影から戻り、色々バタバタして
ブログの予約投稿が出来ませんでした。
明日の記事は、アップできると思います。
薬師堂 ()
2017-04-21 03:32:07
takayan師匠>

16番、薬師堂の一本桜。ありがとうございます。
もう少し深度のある仕上がりにしたいと思いましたが・・腕が足りません。
お堂も入れて写したかったのですが、17番のようにどうしても電線が入ってしまいます。
ズボラな私はすぐに諦めました。
最後の写真、ここは流れが淀んでいて動きがありません。
だから私にでも写せたのでしょう。
コメントご指導、ありがとうございました。
奈良の桜、楽しみにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL