信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/04 奥武蔵 蕨山(その1)

2017-04-22 04:13:59 | 奥秩父名峰


お早うございます、信です。
季節は卯月の穀雨、第十六候 葭始生(あし はじめて しょうず)です。


今日から先日の日曜(4/16)の奥武蔵は蕨山の山紀行です。
始まりは飯能駅からバスで1時間の名郷バス停から。


1



ちょうどAM 8:00発のバスに乗れたので、名郷はAM 9:02発。
バス停横の道から入っていきます。その名も「蕨入橋」


2


始めはしばらく車道を上がっていきます。


3

入間川の支流の沢沿い、生命力を感じます。


4


ここで沢を渡って山道に入ります。


5

土石流止めの堰があります。


6


でかい石だ。


7


こんなところに春の息吹を感じます。


8



9


ここから山がキツくなりますが、ベンチがあります。
イキな計らいですね。


10


レンズを替えました。SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM


11



12


デカイ岩がゴロゴロしています。


13



14



15


森の中は明るいです。
よく手入れがされているんでしょう。


16



17


階段になってきました。
さらに急こう配です。


18


これは侮ってはいけません。


19


でも少し頑張ると、緩やかになってきます。


20


沢を渡って30分で稜線です。
向こう側は棒ノ嶺、川苔山。


21


馬酔木がいっぱいの稜線歩きが始まります。


22


右手に双子山が見えます。


23


よく踏み込まれた尾根道です。


24



25



26


これは左側の稜線。子ノ権現のあたりでしょうか。


27


細尾根を緩やかに登って行きます。


28



29


うひょー! 足がすくむ。


30


楽しそうな稜線になってきました。


31


先を行く母娘。


32


なんと娘さんは、右側の斜面でイワウチワの撮影チャレンジ中。
見てて危なっかしいので「止めなさいって」お母さんと二人で説得。



33


隣の白岩が見えてきました。
昨年、秋にウノタワから大持山へ上がったところですね。
あの道迷いの鉄塔登りを思い出しました。


34


さてこの後、娘さん待望のイワウチワと遭遇です。

それはまた明日の朝に。

それでは皆さま、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/04 春萌える鳥居観音 | トップ | 2017/04 奥武蔵 蕨山(その2) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はりさん)
2017-04-22 09:50:44
信さんは、本当によく山を歩いておられますね。
私は最近、ほとんど山に行っていないので、
反省しきりです。
1枚目の写真も好きですが、
広角レンズでとらえた樹林帯の様子は
迫力がありますね。
奥秩父には、いい山が多いですね。
Unknown (takayan)
2017-04-22 10:09:54
おはようございます。
トップの花はイワウチワですね。
昨年、よく出かける高島市のビラデスト今津で撮影しました。
3日ほど前に行ってきましたが、イワウチワもイワカガミもまだ咲いていませんでした。
低い里山なのに、所々に雪が残っていて、この冬は雪が多かったようです。

はりさんが言われるように、超広角での杉(檜)の林が良いですね。
12番のように、見上げる構図がtakayanも好きです。

30番は、見ているだけで足がすくみました。
信州 ()
2017-04-22 10:47:42
はりさん〉

はりさんの絵を見ていたら、居ても立ってもいられなくなりました。
私も今、これから信州に向かいます。
天気も良いようなのですが、今回は撮影だけの春山讃歌になりそうです。
コメントありがとうございました。

イワウチワ ()
2017-04-22 10:52:45
takayan師匠〉

流石に良くご存知ですね。
私も山の花はかなり勉強したつもりですが、木の名前がよく分かりません。
杉と檜の区別がつきません。
今年は少し勉強しようと思っています。
ちと信州で勉強して来ます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL