信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/10 The 信州 in Autumn №2 ~アルプス平を往く~

2016-10-18 04:32:59 | 山紀行

こんにちは、信です。
先週、土日の快晴の信州の旅を綴っています。


アルプス360の展望台からは、八方尾根が邪魔をして白馬三山が良く見えません。





4年前の秋に訪れた時も、快晴でしたが前日の雪が残っていました。
今回も2日間には雪が降ったようですが、その後の雨で消えてしまったようです。

栂池の方は赤く見えますが、もう見頃は終わったようです。





八方尾根の終点、唐松岳。
今日は沢山登っていることでしょう。

整備員の方でしょうか、軽やかにバギーで降りていきます。





この日は雨飾山が綺麗に見えました。
雨飾山の向こうのギザギザ山は・・








マツムシソウがまだ咲いていました。







子供たちは駆け上がっていきます。





大人は追いつけません。





この赤い実は何だろう。
・・忘れてしまいました。






アルプス平を登って行きます。






紺碧の空に浮かぶ地蔵ケルン。






今日は大快晴。
皆さん楽しそうに登ってきます。





リフト駅の向こうに五竜岳。
武田菱が燦然と輝いています。





こちらには唐松岳、その間に大黒岳。

こう見ると可愛い岩峰のようですが、この稜線を歩くとその大きさに圧倒されます。






黄色と紅に彩られたケルン。






これはナナカマドの実。既に葉っぱは落ちています。





先程降りて来たオリンピック道路。

正面の山は信州百名山、虫倉山です。
1時間ほどで登れる山ですが、その眺望は最高の山です。

北アルプスが雪化粧した、11月の快晴の朝がオススメです。その様子はこちら→ 2011/11 信州中条 ~虫倉山~






高妻、戸隠、飯綱の北信を代表する山々が見下ろせます。





陽の光を浴びて美しい。







白馬の街並みに、上がってきたパラグライダー。







こんな大快晴の日に

羨ましい。さぞ気持ちが良いでしょう。












少し上がると、八方尾根の向こうの三山も綺麗に見えてきました。
黒々とした白馬岳の肩に白馬山荘が見えます。






今日は八方池は綺麗でしょうね。






今回は八方池は外しました。

いろんな場所の信州の秋を味わいたいがために。






おー 小遠見山をあっと云う間に越えそうだ





ケルンへの階段






越えていく鳥のように






ケルンは目の前。






あっと云う間に小遠見山を越えていきました。






さらに広がる、眼下の展望。






眼の前の圧倒的な八方尾根。






地蔵の頭に到着です。






しばし






この雄大な眺めを楽しみましょう。






ここは標高 1,676m






反対側の斜面も良い色になってます。






なんと佳き日か!







さて次回は周辺を散策。
アルプス平を降りていきます。

それでは皆さま、ご機嫌よう。




『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/10 The 信州 in Autumn ... | トップ | 2016/10 The 信州 in Autumn ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2016-10-18 08:54:04
地蔵の頭からの風景
アルプスの稜線は冬支度

今年の五竜を思い出しながら
拝見させていただきました。

信州の秋は
空が澄み渡り
気持ちが晴れ晴れとなります。
アルプス360 ()
2016-10-18 18:38:59
錫杖さん、お帰りなさい。
というか北海道から戻って、更に富山の山を登られてたんですよね。
先週の週末は年に1度あるかないかの大快晴でした。
据え膳喰わねば男の恥。
このアルプス1万尺の山々の絶景を前にして、踵を返す・・この悔しい気持ちが分かって頂けるでしょうか・・!
もう後ろ髪は何本抜けたことか。
お察し下さい。
今でも悔しい。
このリベンジは年内にしておかないと、安眠出来ません。
愚痴でした。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL