信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/11 長瀞石畳を往く

2017年11月21日 | 街紀行


お早うございます、信です。
伊勢路便りは目下、鋭意現像・編集中です。明日から始めます。
今日で秩父長瀞は終わりにしたいと思います。
まだ綴りたい絵は沢山あるのですが、ネタ切れの予備に回しましょう。


今朝の始めはこの絵から
冬桜の先に百名山、両神山です。


1




青空にピンクが映えました


2




改めて両神山
この日は素晴らしいお天気でした。


3





昨日も載せましたが、蠟梅の黄色い葉が綺麗でした。


4




ロープウェイ駅まで降りてくると、真っ赤な灯台躑躅


5




見事に燃えていました


6




ロープウェイ駅には長蛇の列
当然、その列には並びません


7



鳥は諦めていたのですが


8




うちのクマさんが目ざとく見つけました
ヤマガラくんです。


9




ショートカットを使いながら、あっと云う間に降りて


10




宝登山神社まで降りてきました


11





12





参拝にも長蛇の列


13




今回はパスしてお賽銭だけあげてきました。
長瀞駅前のモミジも真っ盛り


14




線路を越えて長瀞石畳にやってきました


15




ライン下りの船が見えます


16



まだPM15:30ですが
随分日が傾きました


17





18





夕日に石畳が光ります


19




対岸のモミジも今が見頃


20




ライン下りが満員のお客を乗せていきます


21




岩にぶつからないよう見事な竿裁き


22




ちょっと日が落ちすぎましたね


23





上長瀞の近く、石畳の突端まで歩きました。


24




さて明日からは初の伊勢路、20万IP突破記念の山旅を綴ります。

雨の伊勢路でしたが

山頂で奇跡が起きました。



お楽しみに

それでは皆様、ご機嫌よう。



『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/11 快晴の宝登山を登る | トップ | 2017/11 御礼 20万IP突破記念... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2017-11-21 07:32:10
おはようございます。
秩父の長瀞
ブラタモリさんでやってましたね
日本の地質を知る上で秩父の地層はとても重要な地層が露出しているそうです。

錫杖あんちょこノートをひも解くと、両神山には2002年10月17日に登っていました。
 思い出に残るは最短ルートから登ろうとして登山口を目指すと、山頂一帯の地主さんらしき方が駐車場でかくかくしかじかで
通行許可してないとの事。
 一昔前の100名山マニアには有名な話ですね
 主の言わん事は納得のできる見解でしたが、法律を換えないと難しいなとその時感じました。
 山の印象は、ずっとガスっていましたが山頂でいきなりガスが晴れて雲海になりました。 数日前と同じ様な感動を覚えてます。
明日からの伊勢路 楽しみにしています。

今朝もはりさんに頂いたイノダ珈琲を美味しく頂いております。
Unknown (はりさん)
2017-11-21 14:51:22
2番の冬桜、ビューティフルですね。
桜越しに見る両神山も素敵です。
知っている人なら
シルエットでわかるのでしょうね。
長瀞は私もブラタモリで見ました。
ここも行ってみたい所です。
モミジもいい感じで色づいていますね。
明日からの伊勢路が楽しみです。
両神山 ()
2017-11-21 18:57:32
錫杖師匠>

今晩は。
私も長瀞の赤壁が好きで、何度も来ています。
毎回同じ絵でもなんだかなと思い、今回はあえて外してます。
秩父は大地の隆起のジオパークですね。
武甲山の頂上が海の底だったなんて、頭では理解しても実際にそこに立って見ると、地球のダイナミックなな活動が胸の中でジワジワと湧いてきます。
明日から伊勢路シリーズ始めますが、ちと心配が・・
私みたいな人が沢山出てきたら困りますよね
やっぱり派手にはせず、はりさんみたいに爽やかに走り抜けるのが良さそうです。
コメントありがとうございます。

宝登山 ()
2017-11-21 19:06:42
はりさん>

今晩は。
はりさんらしく一気に駆け抜けるような一編でしたね。
私はそうはいかず、ベタベタ貼り付けのいつものパターンになりそうです。
宝登山は497mの山で眺望が良いので、人気の山ですね。
それこそ麓の街の人たちには、何千回と登っている人もいることでしょう。
ここも地元に愛される山です。
こういうホームがあると、気晴らしになって良いと思いますね。
足腰の鍛錬にも良い場所だと思います。
錫杖ヶ岳はちとキツイですよね。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

街紀行」カテゴリの最新記事