信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/03 鶏足山から焼森山

2017-03-30 04:30:21 | 栃木百名山


お早うございます、信です。
季節は進み春分の末候、第十二候 雷乃声発(かみなり すなわち こえをはっす)になりました。
もう来週には清明に入ります。

さて今朝も通勤途中の桜の絵から



今朝は寄れたのもありましたが、明らかに開花が進んでますね。

満開になるのは来週でしょうか。




さて先週の土曜日(3/25)の栃木百名山 鶏足山ハイキングを綴っています。

ほどなく赤澤山の山頂に出ました。
これは登って来た方向とは、反対側に立っている道案内です。


1


右に行くと鶏足山、左へ行くと焼森山です。

まずは鶏足山山頂へ行ってみましょう。


2

尾根道のアップダウンを少し繰り返すと
山頂の手前に、この山と弘法大師空海の謂れが書いてあります。


3

歴史は古そうですね。




すぐに山頂に出ました。素晴らしい眺望が広がりました。


4


5


6

ここで買ってきたお握りを、食べれば美味しいでしょう。


7


遠くに那須連山でしょうか、白い山が霞んでいます。


8


ところが山頂は狭く、既に先発の方々に占領されています。


9


かなり強引に割り込んでパシャパシャ撮りました。
申し訳ありませんでした。


10


那須連山ズーム。f/8 105mm 1/1000s


12


13


このお昼時の春霞でこの眺望ですから、寒い朝なら凄いことになりそうです。
さすがにレンズ交換は出来ませんでした。


14

標高は430mですが
空気の澄んだ日には、東に太平洋、西に日光男体山・釈迦ヶ岳、南に加波山・筑波山、北に那須連山・大子男体山が見えます。
条件の良い日であれば、富士山や浅間山・南アルプスまで見え、眺望は絶景です。(城里町hpより)

失礼をお詫びし、山頂を後にします。
お弁当を広げる前で良かった。


15

さて次は隣の焼森山に行ってみましょう。


16


弛み峠というところに出てきました。


17


しばらく登って行きます。


18


ここは静かでした。あまり人もいません。


19


樹間から展望が広がります。


20


先程までいた鶏足山が望めます。


21


22


細尾根を歩いて行くと


23


反対側は木々で遮られています。


24


うへっ こんなところもありました。


25


この岩の左端を渡ってきましたが、切れ落ちてます。


26


真正面に鶏足山。先ほど見ていた稜線を歩いています。


27


先行されるお姉さま方のパーティ。


28


焼森山山頂 423mです。私はこの矢印を見誤りました。


29


反対側の茨木側の景色です。と思っていたら
大間違い、これは益子町側の希望丘カントリークラブ。


30


山頂はもっと先だと思って、その先の樹林まで来てしまいました。


31


その間違いに気づいた場所から戻り、山頂近くの陽当たりの良い場所で昼食。
正面の樹林が引き返した場所です。


32


でも私の頭の中では方向が180°狂っています。
これが下山の悪夢につながります。

さて無事に帰れるのか・・


会社の帰り、また寄ってみました。



暗くて不明瞭ですが、また開いているのが多くなったような気がします。

それでは皆さま、ご機嫌よう。


『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/03 栃木鶏足山を往く | トップ | 2017/03 赤沢へ降る »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2017-03-30 06:26:53
おはようございます。

夜勤明けです。
桜の写真で1枚目のバランスがとても上手ですね ピンもボカシもちょうどいいと思いました。
信さんの撮りたいピンがどこにあるのかが
明瞭で撮り手の意思が伝わってきます。

夜勤明け ()
2017-03-30 06:46:43
錫杖師匠〉

お疲れ様です。
いよいよ今年度の総まとめですね。
もう結果は出ているでしょうが、皆さんにこれをどう伝えるかが重要なミッションですね。
私も朝礼は前の晩、しっかり準備しました。
気持ちを伝える、理解してもらう、これは難しいことです。
ソメイヨシノがお日様に嬉しそうに微笑みかけてきました。
毎朝、のんきに桜を見上げてます。
現役の時にこれをやってれば、もう少し周りに気を配れたような気がします。
コメントありがとうございました。
ご自愛下さい。

Unknown (takayan)
2017-03-30 07:47:05
おはようございます。

日毎に桜の開花も進み、每日の通勤時も楽しそうですね。
自宅近くでは、やっと蕾が膨らんできたくらいです。
ことしの開花は少し遅いようです。

10番からの那須連山遠望、
早朝の霞のない時間帯なら、素晴らしい絵になるのでしょうね。
こちらでは、このような景色は比良の山並を琵琶湖の対岸から望むくらいしか有りません。
全然スケールが違いますが、今年の比良は今も雪が残っていますので、
積雪は例年より多かったのでしょうね。

花粉症の身としては、鶏足山の山肌を見ると、花粉が盛大に飛んでいるように感じます(笑)

良い天気に恵まれた、山歩きだったようですね。
下山の悪夢・・・・
さて明日はどうなるのでしょうか?

比良の山 ()
2017-03-30 18:50:12
takayan師匠>

こちらは殺風景な山地の先に、白い峰が連なる朧げな景色ですが
比良の山といえば南は比叡山に発する歴史深き雅な山地ですよね。
近江八幡から望む、琵琶湖と比良の山々、釈迦ヶ岳やら、武奈ヶ岳が望めるんですね。蓬莱山は三百名山ですから錫杖師匠は真っ先に登ったことでしょう。
一度チャレンジしたい稜線です。
絵にも杉はよく出てきますが、一酸化窒素がないため、鼻炎はそれほどひどくはなりません。
個人差はあるでしょうが、私は山にいる間は平気なのです。
その代わり山から降りて、街中を歩くとテキメンにきます。
しばらくはお付き合いですね。
コメントご指導、ありがとうございました。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL