信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2017/02 手賀沼のカワセミ

2017-02-24 05:37:35 | バードウォッチ

お早うございます、信です。
そういえば昨日は2.23、富士山の日でしたね。




これは今年1月の雲取山からの富士でした。


千葉と茨木の県境に近い、我孫子市の手賀沼ウォーキングを綴っています。

その広さは東京ドーム3個分。




その脇の用水路の柵に
今度はジョビ♀ちゃん。




砂地に降りて





くりくりしたオメメで





柵に戻りました。





愛嬌を振りまいてくれます。








こちらには百舌鳥。




大人しいので
しっかりフォーカスが狙えます。





沼の方を見ると




いました。
でもちと遠い、300mmでは届きません。




諦めて

こちらにはホオジロの雌かな





この土手には
春を告げるオオイヌノフグリと、ホトケノザが沢山咲いてます。





精悍なホオジロくん。








葦の間を鴨さんが渡っていきます。





とまた そこに








いました翡翠くん。これも遠い。








用水路担当のうちのクマさんが、また見つけました。





ダイブして魚を捕食。





また場所を変えて  追いかけます。








なかなか目が入らない。




と思ったら  入りました。








光の加減で嘴が光りました。




あら行っちゃった・・





しぶとく追いかけます。




翡翠とホトケノザ。




一旦、見失いましたが

また逢えました。




今度は全身がしっかり見えます。




喉の下の白い羽毛がまぶしい





下を向いて  ダイブかな




と 上を見て





残念、行っちゃいました。








なんだかんだと結構、逢えました。

明日は夕暮れの手賀沼です。
それでは皆さま、ご機嫌よう。



『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/02 如月快晴の手賀沼を往く | トップ | 2017/02 手賀沼の夕暮れ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (takayan)
2017-02-24 07:58:30
鳥羽のエクシブ鳥羽別邸で朝を迎えました。
朝焼けがきれいでした。

今日も翡翠のきれいな姿をありがとございます。
帰ってPCでゆっくり拝見します。
寒い日になりましたが、よ天気です。
今日は鳥羽周辺の景色を、1日楽しもうと思っています。
Unknown (はりさん)
2017-02-24 08:17:25
おはようございます。
手賀沼ですか。
野鳥もたくさんいますね。
カワセミはいつも遠い所にいるんですよね。
それでも、執念の追っかけで、
見事にカワセミをゲットされましたね。
すばらしいです。
Unknown (錫杖)
2017-02-24 09:33:01
おはようございます。

刹那の瞬間とまではいいませんが、咄嗟に構えた構図がいいなと思ったのは、
用水路担当のうちのクマさんが、また見つけました。
の1枚です。
 遠近感が出ていて、手前の柵がうまく三角形を成していて流れるような動きが作品の中で生まれています。

 わたしも干物の朝定食が食べたくなりました。(エクシブで)
鳥羽の朝焼け ()
2017-02-24 10:32:14
takayan師匠〉

お コメントありがとうございます。
2日間は音沙汰は無いものと思ってました。
凄いですね。Mobileですか。
鳥羽別邸、一度訪れてみたいです。
伊勢湾の朝焼け
どんなに素晴らしいところでしょう。
楽しみです。
ごゆっくりお楽しみ下さい。
ご訪問ありがとうございました。

手賀沼のカワセミ ()
2017-02-24 12:30:34
はりさん〉

思ったより数多くいました。
関東最悪の水質の湖沼として、悪名を轟かせた時代もあったようです。
地元の方々の努力が、色んなところで見てとれました。
その昔は鰻の手賀沼で有名だったようです。
でも一度に2羽は、さすがにありませんでした。
コメント、ご訪問ありがとうございます。

アジの干物 ()
2017-02-24 12:36:21
錫杖師匠〉

朝と云えば関東ではアジの干物でしょうか。
私は目がありません。
朝から丼2杯いけちゃいます。
うちのクマさんはどうもカワセミの雰囲気を察知出来るようです。

伊勢湾の朝は綺麗なんでしょうね。
神島行きの朝のtakayan師匠の朝焼けの綺麗なこと。
さて灯明台からの眺望、楽しみです。
コメント、ご指導ありがとうございました。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL