信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2016/12 初冬の鎌倉を歩く ~長谷寺~

2016-12-20 05:49:25 | 街紀行

こんにちは、信です。
今年も残すところ、あと10日余り。明日は冬至です。
そろそろ皆さん、ブログを見てる場合ではないですね。何かと忙しない毎日です。

私はと云えばマイペースで早起きしてブログを綴る毎日です。
継続は力なり・・何の力になるのか、良く分かりませんが。。

週末日曜日に鎌倉に行って来ました。今度はクマさんも一緒です。
上野東京ラインの恩恵で、戸塚から乗換えすぐに鎌倉駅に到着。
まずは鎌倉の街で腹ごしらえ。



七福神の可愛い人形に見守られながら

私はイケメン定食。ネギトロとシラスの二色丼に、暖かいうどん。




クマさんはネギトロ丼に天ぷら。



とても美味しいお昼になりました。
若宮小路からちょっと入った「美水」さん。

ご主人が休憩タイム。本人未承諾なので一応ボカシは入れました。



さて江ノ電に揺られること数分。

長谷で降りて、そのまま長谷寺へ。




落ち着いた雰囲気の中庭。







開基は天明8年(736年)元々は禅宗だったようですが、徳川家康が浄土宗に改宗したのだとか。
その根本は大和(奈良)長谷寺です。







ここは紫陽花寺で有名ですが

若い女性に人気の寺ですね。





卍池です。




千体地蔵。




秋の名残がまだありました。







宝仏殿は昨年改修され
観音ミュージアムとして公開されています。




私のお気に入りはこの不動明王、四天王像。




どれを見ても厳しく、見るものを圧倒します。
    


脇を抜けて展望台へ行って見ましょう。




展望台からは鎌倉の街が見下ろせます。




晴れていれば富士山まで見えるようですが





今日は生憎の曇りでした。




秋の名残を愉しみながら







紫陽花小路を上がっていきます。

この二枚は同じ由比ガ浜を、同じセッティングで撮ったのですが



ホワイトバランスの違いが鮮明になりました。

曇っているとこういう現象が出ますね。








紫陽花小路を下って行きます。




下には水子地蔵尊。







まだほんの少し、秋の名残を残しています。







南天です。








下りたところの輪蔵から。




木瓜の花が咲いてました。




参拝客は後を絶ちません。

殆どは私と同じ観光客。




おっとご本尊をご紹介しなくては
十一面観音菩薩像です(長谷寺hpより)




当然、写真撮影は禁止です。
観音様と参拝者をつなぐ、この紐もありました。
いつまであるのかは分かりませんが、多分正月を過ぎれば無くなるものと思います。





こういうところが女性の心を掴むのでしょう。




ここは縁結びの寺でもあります。
さて長谷寺から江ノ島へ歩きましょう。

皆さま、師走の慌ただしさを乗り越え、良き新年を迎えましょう。
それではまた明日。



『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/12 足利フラワーパーク... | トップ | 2016/12 長谷から江ノ島へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街紀行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL