一般ゲーマーのサカつく欧州記

欧州6大リーグで頂点を目指す

プロサッカークラブをつくろう! EU 1499 イングランド編

2017-05-31 17:30:00 | 日記

決勝、始まる

 ここはベルギー、ブルージュスタジアムでは、ヨーロピアンリーグ決勝戦。グレートブリテンvsマンチェスターが行われる。マンチェスターにはリーグでも勝てるようになり、前年のイングランドカップ決勝でも戦って勝っている。その時にイングランドカップ初優勝を果たした。しかし、世界の大舞台での経験には慣れているマンチェスターだけに、これまでのようにはいかないだろう。

 だが、グレートブリテンもモーア、バング、エドガーと世界での経験に慣れている選手がいる。

 グレートブリテンの控室では選手たちが試合を前にミーティングを行っていた。

ロバソン「いいか、みんな。今やマンチェスターは勝てない相手ではない。むしろ、我々の方が力は上だ。だが、向こうは世界の舞台での経験が豊富だ。それを考えると総合力は互角だが、こっちにもモーア、エドガー、バングがいる。この試合、必ず勝つぞ」

 ミーティングが終わり、選手たちが入場口の前で並んで、入場の合図を待つ。

 選手の入場が開始され、それぞれのクラブの記念撮影が行われた。

 2部昇格から10年。いよいよ、この舞台での戦いが始まる。

 キックオフのホイッスルが鳴り、試合が開始された。

 13分、グレートブリテンは右のクロスからダレン・ベントがシュートを放つが、これをマンチェスターGKが体を張って止める。

エドガー「まだだ!」

 こぼれ球をエドガーがシュート。これがゴール右隅に決まり、グレートブリテンが先制。

 これで勢いに乗ったグレートブリテンはCKで追加点のチャンスを得る。

 右からのCKはマンチェスターのDFにクリアされるも、まだCKのチャンスだ。

 二度目のCKはショートコーナーからジョージ・マッカートニーがクロス気味にシュート。これもGKに弾かれてクリアされるが、まだCKでチャンスは続く。

 三度目のCKもショートコーナーでボールをエリアに入れるが、これもクリアされる。

 だが、このクリアは逆にマンチェスターのチャンスとなり、グレートブリテンはピンチを招く結果に。カウンターからクリスティアーノ・ロナウドがドリブルで突破する。GKバングは思わぬ展開に態勢が整っていない。これを見逃さなかったロナウドは意表を突くようにシュート。

実況「バング選手、クリスティアーノ・ロナウド選手のシュートに僅かに反応が遅れている」

バング「・・・ぐっ!」

 しかし、シュートは枠に行かずにグレートブリテンはピンチを免れた。

 前半は1-0でグレートブリテンが1点リードし、後半へ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロサッカークラブをつくろ... | トップ | プロサッカークラブをつくろ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL