東矢憲二の「気づきの経営」

経営コンサルタントとしての長年の経験を活かして、様々な気づきをご紹介します。
毎日読んでいただくと、心がホンワカ・・・

余分の人生

2017-06-17 | 雑談
動物はそれぞれ寿命が異なりますが、心臓の心拍数はほぼ一緒らしいです。例えば小さな動物のネズミの心拍数は早いですが、それに比較して大きな象の心拍数はゆっくり。生涯の心拍数はどの動物も15億回程度のようです。しかし、人間は違うのです。何しろ科学文明によって色々な便利な機械器具が登場し、寿命を延ばしてくれました。

以前は日持ちのしなかった食べ物ですが、日持ちさせるために塩分を入れて食品を長持ちさせます。すると、塩分の摂り過ぎから病気となり寿命が短くなりました。しかし、最近は冷蔵庫が登場し、塩分を入れなくても食品の日持ちが可能となったわけです。このようにして近年は寿命が延びましたが、本来、15億回という心拍回数からすると、人間の寿命は40歳そこそこらしいです。

40歳以降の寿命は余分の人生とも言えなくないわけです。この話を生物学の大家から、ラジオで聞いたわけですが、少し人生観が変わりました。要するに、あくせく働く現代人ですが、40歳以降はもっとゆっくりとスローペースで人生を楽しみたいものです。
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲しくないものが手に入る | トップ | 処女作「迷い道」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。