隻手の声(佐藤節夫)The voice of one hand clapping.

世の中の片手の声をココロで聴こう。

如庵の一輪 <半夏生>

2017-06-28 23:30:34 | Weblog


ハンゲショウの葉が部分的に白くなった様子(2012年7月1日)

   
如庵の一輪 <半夏生(はんげしょう)>        平成丁酉廿九年水無月廿九日
   
  半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれる。
  今年は、6月の初旬に活けられたから、はやいのかな。
七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが[2]、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。
毎年7月2日頃にあたる。この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。
 大雨はここ1週間は要注意ですね。

お読み下され、感謝いたします。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧三井家下鴨別邸Old Mitsui ... | トップ | 破損した鯱の瓦Broken Killer... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。