風のいろ・・・

どんな色?

(Merry Christmas) The First Noel

2016年12月20日 | ひとりごと・・・

The First Noel

Music for the feeling






キリストは、神の御姿(みすがた)であられる方なのに、神のあり方(かた)を捨てることができないとは考えないで、

ご自分を無(む)にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。

キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑(いや)しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。

それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。

それは、イエスの御名(みな)によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、

すべての口が、「イエス・キリストは主(しゅ)である。」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。

そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順(じゅうじゅん)であったように、私がいるときだけでなく、私のいない今はなおさら、恐れおののいて自分の救いを達成してください。

神は、みこころのまま、あなたがたのうちに働いて志(こころざし)を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。

すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行ないなさい。

それは、あなたがたが、非難(ひなん)されるところのない純真(じゅんしん)な者となり、また、曲(ま)がった邪悪(じゃあく)な世代の中にあって傷のない神の子どもとなり、

いのちのことばをしっかり握って、彼らの間で世の光として輝くためです。

そうすれば、私は、自分の努力したことがむだではなく、苦労したこともむだでなかったことを、キリストの日に誇(ほこ)ることができます。



ピリピ2章6-16節
















※画像おかりしてますm(__)m














God Bless You!!!










elusa#パピルスの詩#羊の群#魂の色#蒼天の風の道#エルサ#小説#つぶやき#心のメッセージ#祈り#
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (Merry Christmas)天使たちの... | トップ | (Merry Christmas) クリスマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとりごと・・・」カテゴリの最新記事