飛行機&モタスポ&競馬ファンのてきとーな週末

永遠の写真中級者、わたくしソニックブルーの撮影日記的なブログの続きです。
2013年以前のブログはブックマークからね。

オーサン・エアパワーデイ2016⑥・・・日曜日中編

2016-10-08 19:02:50 | 2016オーサン
本日のメインイベントは終わってしまいました。
この後のプログラムは土曜と同じで、空模様を考えると前日以上の写真が撮れるとは思えません。

この日はヒマつぶしのためにホテルでもらった旅行ガイドを持って行ったので、
とっとと帰って、電車で観光に行くというプランも浮上したのですが、
結局はフライトが続いたので、最後までいることになったのでした。

でも、撮影ポイントはガラッと変えることにします。
エプロンを離れて、ゲートからエプロンへ向かう歩道の脇で撮ることにしました。
フライトが終わったら、さっさと帰れるからという理由もございます(笑)。


A-10ではお馴染みのカバーアート。


TA-50がフライトするとは思いませんでしたよ。

空模様が影響してだと思いますが、KT-1は離陸してそのままどっかへ行ってしまいました。
TA-50も離陸して戻ってこなかったので、ああキャンセルなんだなと思ったら、
何処からともなく現れてデモがスタート。

移動中だったし、ホントどうしようもない空なので、ほとんど見てました。


C-17も上がった。


空は若干良くなってきましたでしょうか。


みなさん見てます。


シートカバーにもきつねさんが。

この部隊は遠征記念にとんでもないデザインのTシャツを作ってまして、
かの国の若き将軍様がお尋ね者となっておりました・・・さすがに韓国人は買わんだろ。


500mmではこんな写真しか撮れません。


エプロンの端に展示されるC-17がちょうど戻ってきた。


その位置から撮ったデディケーション・パス。まあまあかなと思ったんですけど、


次のカットを見てガッカリ・・・
こっちのベイパーのほうがぜんぜん良いし。


移動してやってきたのはこんなところです。C-17と、1枚目に写っている管制塔が見えますよね。
この日は湿度が高くて歩くと結構汗をかいてしまいました。
荷物になるので長袖は持ってきませんでしたが、それで正解。

基本的にずっと鉄条網に沿って歩くので、歩道から写真を撮るのは難しいのですが、
ここだけ少し高台になっていて、滑走路を見渡すことが出来ました。


CSARが始まりました。
視程は相変わらずよくないし、場内放送は無いし、レシーバーも無いのでずっと見てなきゃいけません。


3番機だけちょっと翼を振ってくれた。
結局この日もF-16は上がらずで残念でした。ANGの機体を上げるわけにもいかなかったのかね。


リーダー機のフレアのスモークが残ります。


右サイドからの進入はそこそこ絵になった。

フレアの撒き方は前日と変わらない感じですね。


せっかくなので、この写真から×1.4のテレコン付けました。


はみだした。


2機のブラックホークがやってきます。
このブラックホークは通常型ですかね。特殊作戦タイプには見えないですが。


この日はずっと右側を見張ってましたが、この空じゃね。


さすがに地表近くはネラネラです。


A-10はいったいいつまで飛び続けるんでしょうね。
個性的な飛行機だけに、まだまだ見たいところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーサン・エアパワーデイ2... | トップ | オーサン・エアパワーデイ2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む