飛行機&モタスポ&競馬ファンのてきとーな週末

永遠の写真中級者、わたくしソニックブルーの撮影日記的なブログの続きです。
2013年以前のブログはブックマークからね。

ル・マン&パリエアショー2017・・・パリエアショー①

2017-07-17 09:14:33 | 2017ル・マン&パリエアショー
6月19日の月曜日です。
せっかくフランスに来たので、ついでにパリエアショーにも行ってみましょうか(笑)。

それは冗談として、だいたいル・マン24時間レースとパリエアショーの開催は繋がるんですよね。
ということで、エキストラの月曜日は、まあエアショーに行くだろうなとホテルを予約した時から考えてました。


朝7:50でございます。
トレードデーなので飛行展示も遅い時間からだしということで、余裕の出発。


さすがに平日ということでみんな仕事に行くんでしょうか。駅の中は人も多く、みんな歩くのも速いです。

東駅はそんなことなかったのですが、北駅は入場時に荷物チェックがありました。
空港行きが出ているからなんですかね。

エアショー会場は「ル・ブルージェ空港」というとことで、最寄駅の名前もル・ブルージェ。
シャルル・ド・ゴール空港行きと同じRERのBラインで、北駅から3駅目なので、すぐ近くです。

切符はメトロと同じ自動販売機で買えます。
最初に「イル・ド・フランス(日本で言うと「関東」みたいなもん)」を選択して、
アルファベット検索かなんかしたら駅名が出てきました。片道2.75€です。


15分ほどでル・ブルージェに到着。
今日もご覧の青空ですよ。既に暑い暑い。

人の流れに乗り、すぐに無料シャトルバスに乗れたのですがこのバスが最悪でした。
渋滞につかまりエアコンなしで30分。上着来てるビジネスマンはかわいそうです。
で、会場に着いたと思ってみんな降りたら、違うゲートで下されたようで、たらいまわし。


暑い中15分歩かされて、やっと徒歩ゲートに到着です。

手荷物検査も時間かかりそうだな~と思ったら、以外にもボディチェックが無く、
バッグも開ける程度の軽い検査だったので、20分ほどで検査とパス手続きが終わりました。


HPにはビジネスオンリーだぜと結構強く書いてあったので、入れるのか多少の不安はあったんですが、
ファーンボローと同じで、お金さえ払えば全然誰でも入れますね。普通の航空ファンがたくさんいます。

トレードデーのチケットは45€で、やはり自宅でプリントしたバーコードを機械にかざすと、
すんなりプラスチックパスが発行されました。


ホールは素通りして、とりあえずあまり暑くならないうちに地上展示を見ることにしましょう。


フランス空軍コーナーっぽい。


こちらは海軍型のラファールMですね。


ダッソー繋がり。


こちらもフランス製品だな。


あら、日本製。

アプリのフライトプラグラムを見ると、当初飛ぶ予定だったP-1の名前が無くなっていて、
ちょっと偉そうだった人に「今日飛ばないんですか?」って聞いてみたら、
苦虫を噛み潰したような感じで「飛びません」と言われたんですよ。

こりゃなんかあったなと思いながら帰ってくると、やっぱりトラブルで1機しか辿り着けなかったんですね。
飛んでいるP-1は、いまだに見たことがありません(笑)。


地上展示エリアは広々としていて、ごちゃごちゃしているファーンボローに比べるとだいぶ見やすいです。


アントノフはまた新型機を作ったのか。買ってくれる国はあるのかな。


フレッチェはいつからM345になるんだ???


こりゃあ見るからに年代ものですね。”モラーヌ・ソルニエ”っていうフランスのメーカー製らしいけど、
その会社自体50年以上前に買収されて無くなったようです。


初めてまともに撮るMRJはANAカラーになってしまったか。
パリエアショーでデビューのカラーリングですが、個人的にはハウスカラーのほうが良かったんだけどな。

カッコいい機体ではあるよね。


主翼は細いんだな。

MRJに関してはみんな好き放題言っていると思うし、ここまで来ると、好き放題言う権利もあると思いますが、
ホント止めるに止められないとはこのことなんじゃないでしょうか・・・
開発費のペイなんて夢のまた夢のような気がしますが・・・


さて、この写真に写っている機体はなんでしょうか。


右側はスホーイSSJでした。左側のウイングレットはなにかわかるよね。


主役級の飛行機が近づいてきました。


さすがに”-10”ともなると随分とスマートに見えますね。


ボーイングのハウスカラーはカッコいいと思うので飛ばしてほしかったなあ。


ユーロファイターはイタリア空軍の機体を持ってきました。
パリでは頑なに飛ばさないねえ・・・


ガルフストリーム以外は隣接する「ル・ブルージェ航空宇宙博物館」の展示物です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ル・マン&パリエアショー2... | トップ | ル・マン&パリエアショー2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む