弁慶の野鳥日記

主に野鳥撮影ですが、時々風景や花も。画像エリア超過のため野鳥日記から弁慶の野鳥日記に引越ました。引き続きご支援下さい。

ニッコウキスゲ咲く高原でノビタキ・ホオアカ(ダイジェスト版)。

2017-07-11 22:27:28 | 日記

 7月11日(火) 晴れ

 地上はあまりにも暑いので高原の風を浴びにキスゲ咲く高原に上った。
 流石高原の風は爽やかだ。
 生憎、今までのように富士山やアルプスはあまり良く見えなかったが、珍しく花(ニッコウキスゲ)交じりの野鳥撮影が出来た。
   思いもよらない第一ポイントでノビタキのオスメスをゲット、第二ポイントではホオアカが入ったとたんに目の前で鳴いてくれていた。
 ホオアカは目の前でいつまでも鳴いていた。



 先ず最初に発見したノビタキ、最早この鹿除けの電線は避けようがない。





 メスはこの電線よりも近くに来てくれた。






 この雌雄は子育て中のようだ。






 つぎのポイントに入った時、目の前でホオアカが、顎が外れそうなほど大きな口を開けて鳴いていた。





 今日は幸先の良いスタートだった。
 しかしその後はそれほど良くも無かった。
 が、先ずは整理が間に合わないのでダイジェスト版で。



                                                            撮影機材   カメラ: キャノン EOS 7DマークⅡ
                                                  レンズ:タムロン SP150-600mmf5-6.3

 

  「野鳥日記」に戻ることが出来ます。              右をクリックしてください。⇒  「野鳥日記」 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の花シャラ咲く。 | トップ | 高原の野鳥(第1ポイント)。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事