六本松通信(旧能美・呉羽・博多南通信)

ブログ主が2014年11月から居住を始めた福岡市城南区と中央区の生活や都市環境をお伝えします。

重要文化財・八日市地方遺跡

2017年05月17日 | 北陸の風物

 JR小松駅前には、なんと、重要文化財・八日市地方遺跡があり、上の写真のような発掘調査をしています。小松市の案内によりますと、 小松市日の出町・八日市町地方地内(小松駅側一帯の約15ha)に所在し、昭和5年(1930)に2個の磨製石斧の出土により発見されました。北陸地方を代表する弥生時代中期の大規模な集落遺跡です。集落は、標高約1.5mの沖積平野に立地し、掘立柱建物、平地式建物、方形周溝墓、多重の環濠などが展開することがわかっていますとのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曳山花舞台 | トップ | 麦秋2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。