社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

開戦再開直前に何寝言言ってんだ!よく法政大学の教授になれたな?

2017-08-11 00:00:58 | マスコミ批判
中沢けい @kei_nakazawa

米朝の緊張関係。言っていることはチンピラの喧嘩の台詞だが、双方国家権力を握っていて核兵器発射ボタンとミサイルを持っている。なんでこんなにバカげたことになっているだ。信じられん!


https://twitter.com/kei_nakazawa/status/895400920854315008

開戦前夜になって、自分の発言に責任を持とうね!「北のミサイルは日本を狙ってない」とか言ってたよな?
無責任=左翼、それとも無責任=マスゴミか?
今頃何言っているのか?、左翼の方々。マスゴミも自らの発言(報道ではなく、コメンテーターや評論家など)に責任を持て!それで収益を上げている以上、使用者責任からは逃れられない。

中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 – )は、日本の小説家、法政大学教授。本名、本田恵美子。

人物・来歴

千葉県館山市出身。千葉県立安房高等学校卒業。1978年明治大学政治経済学部経済学科に入学し、同年「海を感じる時」で第21回群像新人文学賞を受賞した。1982年明治大学卒業。1985年には『水平線上にて』で第7回野間文芸新人賞を受賞した。

21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚。シングルマザーとして親子関係や子育てに関しての発言も多い。

西部邁主宰の雑誌『発言者』に、1999年から2000年「思考の原器」、2000年から2005年まで「器物愛玩」を連載した。

2005年法政大学文学部日本文学科教授に就任

有田芳生と仲がよく、のりこえネット『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。

2015年8月3日のニコニコ動画で、「ヘイトスピーチをする人間は3歳児のようなものであり、反論するのではなく叱りつけるしかない。」と発言。またインターネット上の言論において「インターネットにおいて言論の管理をすることが必要」という発言を行ったこともある。


そんなに北の工作員を応援して、戦闘再開(休戦中)したら、工作員or幇助者として外患誘致罪or外患誘致幇助罪で逮捕される運命か?
法政大学も戦闘再開すれば、こんな工作員を学内に置けなくなるな!
学生の就職先が無くなり、大学経営が出来なくなるからな!
岩国に米軍のFA-18Eが120機飛来しているとのニュースもある。戦闘再開前夜である事は間違いないようだ。

FA-18E
そんな状況で、最悪の選択を行う方である。まるで朝鮮民族の特徴とソックリである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOC条約発動、窮地に立つマス... | トップ | 醜い朝鮮民族、四川地震に大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。