社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

北朝鮮分割統治計画

2017-04-16 00:00:59 | 外交と防衛
「北朝鮮分割統治計画」なるものがあるそうだ。
(略)
ワシントンとしては、近未来の北朝鮮を、アメリカ、中国、ロシアの3ヵ国による信託統治にしようと考えている。

このままでは近い将来、必ずや金正恩が暴発するだろう。そのため金正恩が暴発する前に、こちらから行動に出なければならないのだ」出典下記と同じ


(略)
トランプ政権が始動するや、ケリー国務長官以下、国務省の幹部は軒並み去っていったが、ラッセル次官補だけは留任している。実はラッセル次官補が来日した目的は、翌月のトランプ政権発足を前に、今後のアメリカの対北朝鮮政策について、日本政府に説明するためだった。ラッセル次官補は、日本政府の高官たちを前に、まずは直近の韓国政界の話題から入った。「いま起こっている朴槿恵大統領のスキャンダルは、ワシントンとして、もうこれ以上、我慢ならなかった。だから、いろいろと後押しした。朴槿恵大統領の長年の友人で逮捕された崔順実は、北朝鮮出身者の娘だ。彼女は密かに北朝鮮と通じていた。このままでは、韓国が国家的な危機に陥るところだったのだ……」
日本政府にしてみれば、韓国政界の混乱に北朝鮮が「関与」していたというのは、初めて耳にする話だった。(略)日本側は、ラッセル次官補の言葉を、じっと聞き入っていた。そんな中、ラッセル次官補は、核心の問題に言及した。
ワシントンとしては、近未来の北朝鮮を、アメリカ、中国、ロシアの3ヵ国による信託統治にしようと考えている
(略)
出典:アメリカが進める金正恩政権「転覆計画」の全貌(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社


真贋は定かではないが、この地図にある様に露が軍を動かしている。火事場泥棒の露が動いている事に注意、現在この地区の国境沿いに露軍が展開しているようだ。
また、中国北部軍区が中朝国境沿いに展開しているとの噂もある。
平城は4ヶ国の分割統治となるらしい、これは旧東ドイツ時代のベルリン方式のようだ。
妄想と一笑されていた地図だが、ここに来て真実味が出てきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尖閣で領海進入、中国は火事... | トップ | 関東圏は蚊帳の外 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪まつり)
2017-04-16 18:43:35
いつもブログの更新ありがとうございます。日本は関わらずのようで、安心しました。ババを引いた三国は、今後傾いて行くのでしょうかね~。ほんと、穢らわしいですわ…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。