社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

尖閣で領海進入、中国は火事場泥棒を狙っている!

2017-04-15 00:00:43 | 外交と防衛
14日午前10時15分ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは10日以来で、今年10日目。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海から出るよう巡視船が警告した。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040006_U7A410C1000000/?n_cid=TPRN0009

ドサクサに乗じて尖閣上陸か?残念ながら日本はそんなに甘くない。
外国の武装艦が警告を無視して領海侵犯してきたのに撃たないのはおかしい
撃てないんじゃなく撃たないのだからな
海保がそこに存在する意味もないから自衛艦配置すべきだな
との書き込みに座布団1枚。
排他的経済水域から領海に来るまで
約330キロもあるんや 330キロって国内の陸地でいったら東京からだと 名古屋、仙台、新潟付近までの距離やこの間追い出しもできず指くわえとんねん アホかと
との書き込みが秀逸。
海自は先島諸島にも展開させるべきだ。それより海保職員の尖閣常駐が先ではないか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急!朝鮮半島緊迫の外部要件 | トップ | 北朝鮮分割統治計画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。