社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

ハト型と猛禽類型

2007-05-13 18:06:36 | Weblog
 「猛禽類」型と「ハト」型が共存しているのが社会です。ハト型が大多数です。エサを自ら狩ることは出来ませんが、どのような環境でも生きて行くことができるのが「ハト」型の特徴です。「猛禽類」型は仕事が出来る人間のことで、その人間がいなければ会社が潰れたりそれまでいた部署が亡くなったり縮小する人間のことです。ただし、「猛禽類」型は環境の変化に弱いようです。狩場がなくなると死んだようになります。落合信彦は「豚と狼」と表現していました。どんな大きな会社や役所にいようとも、仕事が面白くなく生きがいがなければ、それはエサをあさる「豚」だそうです。会社が小さくとも仕事が面白く生きがいになっている人間は「狼」なのだそうです。あなたはどちらでしょうか?
 昔、狼でもキバを抜かれていませんでしょうか。自らを「猛禽類」と考えられる方は「猛禽類」なのです。営業マンに例えれば新規の販売実績がない営業マンは「猛禽類」ではありません。1個のモノも1セットのシステムも販売したことがない方が営業の実績を上げることは非常に困難です。宛にしてはイケません。
 そしてハト型の人は途中で逃げ出します。敵全逃亡です、そして社内営業だけ上手いのです。会社は落語の「花見酒」ではイケません。外から売上を上げねばいけません。このことを忘れている経営者が多いように思えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉人伝教育 | トップ | 選挙権の試験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
飲食店経営 (飲食店経営)
こんにちは。 始めまして(^^) 私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。 ブログにも紹介させて頂きました☆ もしよかったら私のブログにもTBよろしくお願いします。