社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

那覇市議選の結果を左翼系マスゴミは報じたのか?

2017-07-12 00:00:22 | マスコミ批判
翁長知事派、後退 那覇市議選で過半数割れ オール沖縄4連敗、知事選打撃
産経新聞 7/11(火) 9:00

任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が9日投開票され、翁長雄志沖縄県知事を支持する勢力が改選前の20人から18人に後退し、過半数を割った。同市長を4期務めた翁長氏にとって、お膝元での支持派の退潮は来年秋の同県知事選に向けて打撃となりそうだ。

 当選者の翁長氏に対する立場の党派別内訳は、支持が共産党7人、社民党3人、地域政党・沖縄社会大衆党2人、民進党1人、無所属5人。不支持は自民党7人と無所属2人。中立は公明党7人と日本維新の会1人、無所属5人(うち維新推薦1人)だった。

 那覇市政の与党は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を旗印に翁長氏を支える超党派「オール沖縄」勢力の中核をなしていた。同勢力は今年実施された宮古島、浦添、うるまの県内3市長選で新人を支援したが、自民党が推す現職・前職に全敗し、那覇市議選を含めて事実上の4連敗となった。

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、知事派の後退について「市民が判断された。沖縄の経済も非常に良くなったのではないか」と語った。

 那覇市は県内最多の人口を抱えており、市議選の結果を受けて翁長氏と「オール沖縄」は、次期知事選への態勢の立て直しが迫られる。一方、自民党県連幹部は「『オール沖縄』の保守系支持層が自民党に戻ってきていることを示した」と分析しており、来年1月に予定されている名護市長選での勝利に全力を注ぐ。


TVで報じていたか?自分達(左翼や特亜三国)に都合が悪いニュースは報じないのか?報道しない自由の行使だな!
オールでなかった件。との書き込みに座布団3枚。
そもそもオール沖縄じゃないし。過半数取ってたらなんでもして良いと思ってるかもしれんが、政権与党が同じような事やったら、騒ぐダブルスタンダードの輩達。との手厳しい書き込みにも座布団1枚。
しかしマスゴミは産経以外どこか報道したのか?知らなかったぞ!
少なくとも、那覇市の民意は翁長知事派にNO.を突きつけたという事だ。
そらりゃ左翼系マスゴミは報道出来ないな!しかし報道機関としての矜持も失くしたと自分で認めたようなものだ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外交の場で、英露がまた揉め... | トップ | マスコミ「都合の悪いことは... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪まつり)
2017-07-12 06:07:57
都議選の後にも関わらず、那覇市はまともでした。マスゴミは、もちろん都合の悪いことは無視でしょうね。今は安倍潰しに大忙しですし。シェア率の高い道新も、嬉々として安倍潰しの記事をてんこ盛りしてます。変な新聞仲間の沖縄は、偏向に釣られる人がいなくなってきた、ということならいいのですが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。